article,aside,canvas,details,figcaption,figure, header,footer,main,menu,nav,section,summary { display: block } 「リバイバルバディーズ」商品情報まとめ&収録カードリスト!全カード公開! | レッツバーディ!! | バディファイトまとめサイト!
駿河屋 楽天 amazon ヤフオク  
公式サイト 一番上に戻る

「リバイバルバディーズ」商品情報まとめ&収録カードリスト!全カード公開! 2020-08-11 20:15









「リバイバルバディーズ」【商品解説】




引用元 公式:フューチャーカード 神バディファイト スペシャルパック第3弾「リバイバルバディーズ」

リバイバルバディ大集合!牙王のバディ「ドラム」「バル」「バッツ」やタスクのバディ「ジャック」をはじめ、歴代活躍したあのバディたちが、イラストはそのままに新能力を得て収録!

収録カード全てが超ガチレア以上のバディファイト史上最高の超豪華パック!
バディたちのリバイバルに合わせて、超ガチレアのカード加工も昔の加工を再現!
パックを開けて懐かしく、そして超豪華封入で最高のドキドキ感を追求!

究極レア、スーパーレア、新規魔法カードは、新規イラストを使用!




「リバイバルバディーズ」【商品内容】





引用元 公式:フューチャーカード 神バディファイト スペシャルパック第3弾「リバイバルバディーズ」


【カード収録内容】
全86種
究極レア(パラレル):10種/
スーパーレア(パラレル):10種/
超ガチGレア:16種/超ガチレア:50種


【収録ワールド】
ドラゴンW、デンジャーW、マジックW、カタナW、エンシェントW、ダンジョンW、レジェンドW、ダークネスドラゴンW、ヒーローW、スタードラゴンW、百鬼夜行、the Chaos、ロストW
※本商品はゲット!トレジャーキャンペーン対象商品ではありません。

【一部収録カードにつきまして】
一部収録カードのカードナンバーが「S-SP03」ではなく「S-SP04」表記にて収録しております。こちらは本来S-SP04に収録予定のカードでしたが、商品展開の終了に伴い、急遽S-SP03に収録させて頂きました。予めご了承ください。




「リバイバルバディーズ」【発売日】



2020/08/11(火)


「リバイバルバディーズ」【通販予約最安値価格情報】




「リバイバルバディーズ」を通販ショップ予約するならどこが通販予約最安値なのか?の情報です

※情報は作成時のものになります。ショップアクセス時の値段は変動していることがあります。(6/21情報)

定価 5,500円

駿河屋(通販最安値!) 4,400円

楽天 4,730円+送料

Amazon 6,550円

Yahooショッピング 4,730円+送料


「リバイバルバディーズ」【カードリスト】





※カード名をクリックで検索が可能です


「リバイバルバディーズ」:究極レア



ドラムバンカー・ドラゴン“Re:B”
究極レア
ドラムバンカー・ドラゴン“Re:B”
超ガチGレア

ドラムバンカー・ドラゴン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
武装騎竜/赤竜
サイズ2
5000/3/5000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君がダメージを受けた時、このカードがカード名に「ドラム」を含むモンスターのソウルにあるなら、相手の場のモンスター1枚までを選び、ゲージ1を払ってよい。払ったら、選んだカードをドロップに置く。
■【対抗】【起動】“絆のドリル・ラム・バンカー”君のターン中、君のデッキからカード名に「ドラム」を含むモンスター1枚までを、【コールコスト】を払わず、このカードの上に重ねてコールし、デッキをシャッフルする。その後、君にダメージ1!「絆のドリル・ラム・バンカー」は1ターンに1回だけ使える。
『2回攻撃』『ソウルガード』

「ドラムバンカー・ドラゴン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ご存知ドラムはどちらかと言えば「五角」向けだが、他のデッキでも使えるような能力でリバイバル!
ダメージを受けた時、場の「ドラム」のソウルにこのカードがあればゲージ1を払う事でなんと相手モンスター1体をドロップ送り!
“払ってよい”表記のため、この能力への【対抗】で邪魔をされた時には払わない事もできる。
そして、【対抗】能力の“絆のドリル・ラム・バンカー!”は、デッキから好きな「ドラム」をこのカードに重ねてコールできる!その後1ダメージを受けるため、「五角」やこのカード自身の能力が即座に発動できる。
もちろん、「五角」で使わなければいけないような指定はまったくないため、「迅雷騎士団」などのデッキでも使えるのは嬉しいところ。

実用性はともかく「究極未来竜 ドラム・ザ・フューチャー」系を出せば『無印』最終回でファイト中に新たな姿に進化するドラムを合法的に再現できるのもなかなか。

ジャックナイフ・ドラゴン“Re:B”
究極レア
ジャックナイフ・ドラゴン“Re:B”
超ガチGレア

ジャックナイフ・ドラゴン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
武装騎竜/緑竜
サイズ2
5000/3/6000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君が攻撃力6000以上のアイテムを装備しているなら、場のこのカードのサイズを2減らす。
■【対抗】【起動】“絆のブレイド・ターミネイト”君のターン中、ゲージ1を払ってよい。払ったら、君のライフを5にし、君のデッキからカード名が違う、カード名に「ジャックナイフ」を含むカード2枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。その後、君の手札の「ジャックナイフ “ゴルドリッター”」1枚までを、【装備コスト】を払わず装備する。「絆のブレイド・ターミネイト」は1ターンに1回だけ使える。
『2回攻撃』『ソウルガード』

「ジャックナイフ・ドラゴン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
タスクのバディ・ジャックの最初の姿のリバイバル!貴重な〈ドラゴンW〉用のリメイク。
「ジャックナイフ “ゴルドリッター”」経由で「未来への剣 ジャックナイフ “グランテーゼ”」を能動的に装備する事ができる。
【対抗】能力“絆のブレイド・ターミネイト”では、ゲージ1を払う事で、ライフを5に変更しつつ、デッキから「ジャックナイフ」カード2種をサーチでき、さらに手札に「ジャックナイフ “ゴルドリッター”」があればノーコストで装備できる。
単純に「ゴルドリッター」と「グランテーゼ」を持ってきてもいいし、サーチ対象のカード種類に指定はないため「ジャックナイフ」名称の魔法を持ってくるのもアリ。
また、攻撃力6000以上のアイテムを装備している間はサイズ0になるため、「ゴルドリッター」を装備しても押し出されず共存できるのは“絆の”と冠するだけあって嬉しいところ。

なお、「グランテーゼ」も「ゴルドリッター」扱いのため一応この能力で装備可能ではあるが、『解放条件!』は無視できないため最初は元祖「ゴルドリッター」を装備する事になるか。もちろん、2ターン目以降で追撃のためにアタックフェイズ中に再装備するというのはアリ。
また、ライフを5に変更しているため、ライフ4以下で使えばライフを増やす事ができるのは頭の片隅に入れておきたい。

バルドラゴン “バルバースト・スマッシャー!! Re:B”
究極レア
バルドラゴン “バルバースト・スマッシャー!! Re:B”
超ガチGレア

バルドラゴン “バルバースト・スマッシャー!! Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW




■【コールコスト】君の場の《太陽竜》のモンスター1枚の上に重ね、ゲージ3を払う。
■このカードが1枚で攻撃した時、かわりに相手のモンスター全てと相手に攻撃する!
■このカードが1枚で攻撃しているバトル中、相手は【対抗】を使えない!
『3回攻撃』『ソウルガード』

「バルドラゴン “バルバースト・スマッシャー!! Re:B” 」の評価・解説などを表示
牙王の第二のバディ・バルは必殺モンスターのリバイバル!
元々は重い一撃を叩き込むようなカードだったが、『3回攻撃』で全体攻撃を叩き込むカードに変化。
ファイター・モンスター全員に攻撃しつつ【対抗】を封じるため、攻撃前のタイミングで潰されなければ合計12ダメージを与えつつモンスターを除去できる。ただし、攻撃吸引能力を持つモンスターがいるとそれ1体に吸い寄せられてしまうのには注意。

元々のテキストとはかなりイメージが異なるが、巨大なハンマーを何度もブン回すファイト中の活躍を考えると全体攻撃にさほど違和感はないかもしれない。

魔王竜 バッツ“Re:B”
究極レア
魔王竜 バッツ“Re:B”
超ガチGレア

魔王竜 バッツ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
雷帝軍/ドラゴン
サイズ2
13000/2/6000


■【コールコスト】ゲージ2を払う。
■君のターン中、場のこのカードは破壊されず、相手のカードの効果で、場を離れず、レストされず、能力を無効化されない。
■このカードが攻撃した時、そのターン中、このカードは『3回攻撃』を得る。君のライフが4以下なら、かわりに、そのターン中、このカードの攻撃力+10000、打撃力+1し、『6回攻撃』を得る!!この能力は1ターンに1回だけ発動する。
『貫通』

「魔王竜 バッツ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
牙王最後のバディ・バッツは元々の能力を活かしたまま現代流にパワーアップ!
自分のターン中のみの破壊耐性は、破壊だけでなくあらゆる除去・レスト・能力無効化まで防げるように!
そしてライフ4以下なら『6回攻撃』持ちになり攻撃力・打撃力が大幅アップ!ライフ5以上でも『3回攻撃』にはなる。
《雷帝軍》はつい最近も「雷陽団」の収録があったため比較的構築しやすいか。

終焉魔竜 アジ・ダハーカ“Re:B”
究極レア
終焉魔竜 アジ・ダハーカ“Re:B”
超ガチGレア

終焉魔竜 アジ・ダハーカ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
ドラゴン/神
サイズ4
10000/3/10000


■【コールコスト】君の場のカード1枚をドロップに置き、ゲージ3を払う。
■このカードが破壊された時、このカードを君の場の魔法1枚までのソウルに入れ、君の手札かデッキから「終焉魔剣 アクワルタ・グワルナフ」1枚までを装備する。デッキを見たら、デッキをシャッフルする。この能力は「終焉魔竜 アジ・ダハーカ」の能力としても扱う。
■君の場のアイテムが1枚で攻撃した時、このカードが「ドラゴンスローン 竜の玉座」のソウルにあるなら、かわりに相手のモンスター全てと相手に攻撃し、そのターン中、そのアイテムの攻撃力+10000し、『3回攻撃』を得る。
『4回攻撃』

「終焉魔竜 アジ・ダハーカ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
キョウヤのバディ、アジ・ダハーカは〈ドラゴン・アイン〉向けの姿でもリバイバル!
こちらは全体攻撃能力“イラージュオブヒストリー”を失った代わりに、「終焉魔剣 アクワルタ・グワルナフ」にそれに近い攻撃性能を与えられる。
破壊された時の「終焉魔剣 アクワルタ・グワルナフ」を装備する能力では、ついでにこのカードが「ドラゴンスローン 竜の玉座」のソウルに入る。
その後は、アイテムが単体で攻撃した時に攻撃範囲をファイター含めた全体に広げつつ、『3回攻撃』付与と攻撃力+10000をしてくれる。
攻撃力上昇はそのターン中重複するため、最大で攻撃力42000に達する。

なお、「終焉魔剣」扱いでもある「邪王竜剣 アクワルタグワルナフ」を装備したり、別途「罪過の標 アジ・ダハーカ・ “SYS”」で装備した「創世神剣 アクワルタ・グワルナフ」を強化したりする事もできる。

ただし、装備能力は例の如く“破壊された時”のためドロップ送りなど強力な除去には無抵抗な事・「竜の玉座」のソウルに入った後も『ソウルガード』等の耐性は与えないためそちらも同じく強力な除去を受けるとそのまま消えてしまう事にはくれぐれも気を付けたい。

黒き死竜 アビゲール“Re:B”
究極レア
黒き死竜 アビゲール“Re:B”
超ガチGレア

黒き死竜 アビゲール“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
黒竜
サイズ1
6000/2/1000


■【コールコスト】ゲージ1を払う。
■君の場に《黒竜》が『設置』されているなら、場のこのカードのサイズを1減らす。
■【対抗】【起動】“贖イノ風”ライフ2を払う。払ったら、君の場の《黒竜》か、相手の場のカード1枚を破壊する。破壊したら、カード1枚を引き、相手のデッキの上から3枚までを捨てる。この能力は1ターンに1回だけ使える。
『2回攻撃』

「黒き死竜 アビゲール“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ガイトのバディ・アビゲールは破壊能力がパワーアップしつつサイズダウン能力を得てリバイバル!
《黒竜》の『設置』があればサイズ0になるため、サイズ3の黒竜とも共存できるのは嬉しいところ。(もっとも、発売する頃にはその内の1体「逆天の黒死竜 アビゲール」が限界突破してしまっているが…)
破壊能力はライフ2が必要になったとはいえ、発動時に手札を捨てるどころか逆にドローまでできる。破壊した時の相手デッキ削りも破壊対象のサイズとは関係なく確定で3枚捨てるようになったため、生みの親である「終焉魔竜 アジ・ダハーカ」系統以外に対しては常に最大限デッキを削れるように。
とはいえ、相手のカードを破壊するよりはむしろ自分のカードを破壊して能力の起点にする事の方が多いか。

なお、《黒竜》を使うような熟練ファイターは既にご存知だとは思われるが、場のカードを選ぶ効果の対象を選ぶタイミングは相手の【対抗】よりも前で、その【対抗】で対象が居なくなってしまった場合でも対象を選び直す事はない。
そのため、このカードの能力で相手カードを選んだ後の【対抗】で相手カードが場から完全に無くなったとしても、こちらのカードが不本意に破壊されてしまうような事はない。(ライフは無駄に払わされるが)

結晶竜 アトラ“Re:B”
究極レア
結晶竜 アトラ“Re:B”
超ガチGレア

結晶竜 アトラ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
スタードラゴンW
プリズムドラゴン
サイズ3
7000/3/7000


■【コールコスト】ゲージ3を払い、君のデッキの上から2枚をソウルに入れる。
■このカードがセンターか、《プリズムドラゴン》のソウルにあるなら、君の場のカード全ては相手のカードの効果で、破壊されず、攻撃力+5000、防御力+5000し、君は相手のカードの効果でダメージを受けない。
■【対抗】【起動】“クリスタルブライト”お互いのアタックフェイズ中、ライフ1を払ってよい。払ったら、君のデッキからサイズ3のカード名に「アトラ」を含むモンスター1枚までを、【コールコスト】を払わず、このカードの上に重ねてコールし、デッキをシャッフルする。「クリスタルブライト」は1ターンに1回だけ使える。
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』

「結晶竜 アトラ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
カナタのバディ・アトラはなんとセンターだけでなく《プリズムドラゴン》のソウル内にいても能力が発動するようになってリバイバル!
元々あったセンター時の破壊・効果ダメージへの耐性がソウル内でも発動するようになり、自分だけでなく味方全員へと効果範囲が拡大!さらについでにステータスも上昇するため、思わぬところでつまづきにくくなる。
【対抗】能力“クリスタルブライト”では、アタックフェイズ中にライフ1を払えば【コールコスト】を払わずにサイズ3の「アトラ」を自身の上に重ねてコールできる。
「結晶竜 アトラ“Re:B”」自身を重ねる事も可能だが、“クリスタルブライト”は1ターンに一度なのには気を付けよう。このカード自体は新しいデッキを組める訳ではないが、「アルドアトラ」と《PSクレセール》のどちらでも使えるカードなのは嬉しいところ。

なお、公式アドバイスの通り、“防御力を持たない”カードに対して防御力上昇がかかっても意味はないのに注意。“防御力が0であるカード”とは扱いが異なる。

Cの支配者 ギアゴッドⅦ“Re:B”
究極レア
Cの支配者 ギアゴッドⅦ“Re:B”
超ガチGレア

Cの支配者 ギアゴッドⅦ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)

カオス
サイズ3
50000/3/6000


■【コールコスト】ゲージ2を払う。
■【対抗】【起動】“C・コマンド”お互いのアタックフェイズ中、君の手札かドロップの《カオス》のモンスター合計2枚までを、【コールコスト】を払わずコールする。「C・コマンド」は1ターンに1回だけ使える。
■“C・ドレイン”このカードが場から離れる場合、君の場のサイズ3以下のモンスター1枚を破壊してよい。破壊したら、このカードを場に残す。
『C・テリトリー』『貫通』『2回攻撃』

「Cの支配者 ギアゴッドⅦ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ウィズダムのバディにして『バディファイト バッツ』のラスボス・ギアゴッドは、コール能力がパワーアップしてリバイバル!
コール能力は【対抗】で手札・ドロップからサイズを問わない《カオス》2体をコール可能に。(能力名指定ターン1回制限)
『貫通』『2回攻撃』持ちになったが、相手を倒すためのカードというよりはやはり自分の盤面を整えるカードといったところ。
ステータスの攻防を除けば〈The Chaos〉最新カードの「Cの先導者 ギアゴッドver.零」よりも全体的に強力になっている。

神・ガルガンチュア・ドラゴン“Re:B”
究極レア
神・ガルガンチュア・ドラゴン“Re:B”
超ガチレア

神・ガルガンチュア・ドラゴン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)

ドラゴッド/神竜族
サイズ2
10000/3/5000


■このカードは全てのフラッグで使え、バディなら君は全てのワールドの《ドラゴッド》のモンスターを使える。
■【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■【対抗】【起動】君のターン中、《ドラゴッド》のソウルにあるこのカードを、【コールコスト】を払ってコール!
■【対抗】【起動】『神G・EVO』お互いのアタックフェイズ中、君の手札かドロップの《ドラゴッド》と《神竜族》両方を持つモンスター1枚までを、【コールコスト】を払わず、このカードの上に重ねてコール!『神G・EVO』は1ターンに1回だけ使える。(『神G・EVO』は『G・EVO』としても扱う)
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』『反撃』

「神・ガルガンチュア・ドラゴン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
友牙のバディのアニメ最終形態「神・ガルガンチュア・ドラゴン」も『神G・EVO』がパワーアップしてリバイバル!

『貫通』が『2回攻撃』『反撃』になり【コールコスト】は少し重くなったが、『神G・EVO』が大幅パワーアップ。
【対抗】で発動できるようになったためレスト等の妨害に強くなっただけでなく、なんとドロップのカードをコール可能に!ただし、ドローはできなくなっているので注意。そのため、なるべくドロップからコールするようにしたい。
なお、ヴァニティともどもカードナンバーがなぜか”S-SP04”となっている。この後に友牙世代のリバイバルパックを出す予定でもあったのだろうか。

凶乱魔神竜 ヴァニティ・刻・デストロイヤー“Re:B”
究極レア
凶乱魔神竜 ヴァニティ・刻・デストロイヤー“Re:B”
超ガチレア

凶乱魔神竜 ヴァニティ・刻・デストロイヤー“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ロストW
ロストベイダー/次元竜
50000/3/10000


■【コールコスト】君の場の<ロストW>のモンスターがドロップに置かれた時、ゲージ2を払う。
■場のこのカードは相手のカードの効果で破壊されない。
■“次元の扉-破-”このカードが登場した時、相手の場のカード1枚までを選び、そのターン中、選んだカードはカードの効果で場に残せず、選んだカードをドロップに置く。
『2回攻撃』

「凶乱魔神竜 ヴァニティ・刻・デストロイヤー“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ランマのバディ・ヴァニティは第二形態「刻」でリバイバル!
除去枚数は減ったが、極めて珍しい”場に残せない”除去を放つ。『ソウルガード』などがあってもそのままドロップに叩き込める。
ただし、”場を離れない”効果とかち合った場合は除去が通らない。
そもそも場を離れていない以上、残すも何もないという事になる。

「リバイバルバディーズ」:スーパーレア



竜騎士 エル・キホーテ“Re:B”
スーパーレア
竜騎士 エル・キホーテ“Re:B”
超ガチレア

竜騎士 エル・キホーテ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
竜騎士
サイズ1
2000/2/2000


■君が《竜騎士》をコールする場合、【コールコスト】に書かれている払うゲージの数値を1減らす。
■“栄光の突撃”このカードの攻撃で、相手のモンスターを破壊した時か相手にダメージを与えた時、君のデッキの上から2枚を見て、その中の1枚までを手札に加え、残りのカードをゲージに置く。
■君がアイテムを装備しているなら、このカードが1枚で攻撃している攻撃は無効化されず、そのダメージは減らない。
『2回攻撃』

「竜騎士 エル・キホーテ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ついに『リバイバルバディーズ』のカードテキストが公開!
《竜騎士》の【コールコスト】を減らしてくれる上、攻撃が通ればデッキの上2枚のうち1枚を手札・もう1枚をゲージに置ける。『2回攻撃』持ちで能力にターン1回制限もないため、手札とゲージを2ずつ増やせる。モンスターを倒した場合でもいいのは地味に嬉しいところ。
アイテムを装備していれば攻撃がほぼ確実に通るが、「バディブロック」の“ダメージを受けない”効果などは“ダメージを減らし”ている訳ではないため防がれてしまうのに気をつけたい。
“ダメージを受けない”ではなく“ダメージを0に減らす”であれば突破することができる。

五角竜王 天武“Re:B”
スーパーレア
五角竜王 天武“Re:B”
超ガチレア

五角竜王 天武“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
武装騎竜/緑竜
サイズ3
6000/3/6000


『角王』
■【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君の場にカード名に「ドラム」を含むモンスターがいるなら、場のこのカードのサイズを3減らす。
■このカードが登場した時か君がダメージを受けた時、相手の場の攻撃力を持つカードを好きな枚数選ぶ。選んだカードの攻撃力の合計が50000以下なら、選んだカード全てを破壊する。
『2回攻撃』『ソウルガード』

「五角竜王 天武“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ドラムの先代角王・天武のじっちゃんも「五角」向けにリバイバル!
「ドラム」がいればサイズが縮むため「五角超騎竜 砂塵杖のアルカイド」を出さずともドラムと肩を並べられるのは嬉しいところ。
除去能力は「荒ぶる五角竜王」に近いものが登場時だけでなく被ダメージ時にも使用でき、その範囲も合計攻撃力50000までに広がる。
ただし、この能力に【対抗】してのステータス上昇で攻撃力を50000より高くされてしまうと1体も破壊できなくなるのは痛い。除去に【対抗】でコールされたモンスターも破壊できなくなるのに注意。
なお、攻撃力0のカードは“0という攻撃力を持っている”ため問題なく破壊できる。破壊できないのは『設置』魔法など。

自前でサイズダウン能力を持っているせいで「烈神天武」などと比べるとスペックは見劣りするが、初期イラストの「天武」をドラムと共存させられる点や他の「ドラム」を使うデッキでも使える点を活かしたい。

魔王 アスモダイ“Re:B”
魔王 アスモダイ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
マジックW
72柱
サイズ1
5000/2/1000


■【コールコスト】ゲージ1を払う。
■君の場にカードが『設置』されているなら、場のこのカードのサイズを1減らす。
■このカードが登場した時、君の手札1枚を捨ててよい。捨てたら、次の2つから1つを選んで使う。
・カード1枚を引き、相手の場のカード1枚までを破壊するか、手札に戻す。
・君のデッキから《72柱》の魔法1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。
『2回攻撃』

ナノマシン忍者 月影“Re:B”
ナノマシン忍者 月影“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
カタナW
忍者
サイズ1
5000/2/1000


■“ナノマシン分身”このカードが登場した時、君のデッキから「ナノマシン忍者 月影“Re:B”」以外のカード名が違うサイズ1の<カタナW>モンスター2枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。2枚加えたら、君の手札1枚を捨てる。「ナノマシン分身」は1ターンに1回だけ発動する。
■【対抗】【起動】君の場のモンスター1枚を選び、君の手札1枚を捨ててよい。捨てたら、そのターン中、選んだカードが次に場から離れる場合、そのカードを場に残す。

三角水王 ミセリア“Re:B”
スーパーレア
三角水王 ミセリア“Re:B”
超ガチGレア

三角水王 ミセリア“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ダンジョンW
Dエネミー/魔王/水
サイズ2
6000/2/5000


『角王』
■【コールコスト】君のドロップの魔法2枚までをソウルに入れ、ゲージ2を払う。
■君の場に『角王』2枚以上があるなら、君の場の『角王』全ては相手のカードの効果で、破壊されず、能力を無効化されない。さらに、3枚以上があるなら、君の場の『角王』全ての攻撃力+5000、防御力+5000、打撃力+1!
■このカードが破壊された時、カード1枚を引く!
『移動』『3回攻撃』『ソウルガード』『ライフリンク2』

「三角水王 ミセリア“Re:B” 」の評価・解説などを表示
キリの真の姿にして『角王』のミセリアは、『角王』を複数並べる「流冷の氷竜 ロワ・ミセリア」デッキ向けのカードに。
『角王』の数に応じて『角王』全体を強化する能力を持ち、2枚以上で破壊・能力無効化耐性、3枚以上でステータス上昇が得られる。
破壊される時にドローできるため、「ロワ・ミセリア」を脇に・このカードをセンターに置きたいところ。

煉獄騎士団団長 ディミオスソード・ドラゴン“Re:B”
スーパーレア
煉獄騎士団団長 ディミオスソード・ドラゴン“Re:B”
超ガチGレア

煉獄騎士団団長 ディミオスソード・ドラゴン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
武装騎竜/白竜
サイズ2
12000/3/1000


■【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から2枚をソウルに入れる。
■このカード以外の君の場の《武装騎竜》が破壊されてドロップに置かれる場合、このカードのソウルに入れてよい。
■【対抗】【起動】君の場の《武装騎竜》1枚を破壊してよい。破壊したら、次の2つから1つを選んで使う。
・このカードをスタンドする。スタンドしたら、カード1枚を引く!
・そのターン中、君に与えられるダメージを1減らす。
『移動』『ソウルガード』

「煉獄騎士団団長 ディミオスソード・ドラゴン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
『煉獄騎士』タスクのバディ・ディミオスは歴代ディミオスを結集したような能力でリバイバル!
他の《武装騎竜》が破壊されてドロップされる際に代わりにこのカードのソウルに入る上に【対抗】での《武装騎竜》を破壊して発動する能力はこのカード自身を破壊できるため、1体の破壊で実質2回能力を発動できる。
また、その【対抗】破壊で発動する能力も、自身をスタンドしつつのドローか、そのターン中の全ダメージを-1する効果かを選んで使用できる。
自ターン中には他の《武装騎竜》を破壊してスタンド、相手ターン中にはこのカード自身を破壊してダメージ軽減をすると無駄がない。
ただ、結局のところ破壊する《武装騎竜》がいなければ機能しないのはネック。

デスルーラー ガロウズ“Re:B”
スーパーレア
デスルーラー ガロウズ“Re:B”
超ガチレア

デスルーラー ガロウズ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
死/深淵
サイズ1
0/2/4000


■【コールコスト】君のドロップの《死》1枚をソウルに入れる。
■“潜影”君の場のカード全ては相手のセンターにモンスターがいても、相手を攻撃できる!
■君のアタックフェイズ開始時、そのターン中、君の場の《死》のモンスター全ての攻撃力+15000、打撃力+1し、『2回攻撃』を得る。
■“魂を吸う鎖”君の場の《死》の攻撃で相手にダメージを与えた時、君のライフを+2し、カード1枚を引く!
『ソウルガード』

「デスルーラー ガロウズ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
『ですし』こと祠堂孫六のバディ・ガロウズは自身だけでなく他のカードにも能力が及ぶようになってリバイバル!
“潜影”の効果範囲が味方全員に、“魂を吸う鎖”の効果範囲が味方の《死》属性持ち全員に拡大。
さらに、《死》に対してはステータス上昇と『2回攻撃』付与を行ってくれるため、相手が防御力を持ったアイテムを装備していてもある程度の手出しが可能に。
【コールコスト】でドロップに《死》のカードを要求するため、少しだけ下準備が必要なのには気を付けたい。

九角勇王 ムクロ“Re:B”
スーパーレア
九角勇王 ムクロ“Re:B”
超ガチレア

九角勇王 ムクロ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ヒーローW
ダークヒーロー
サイズ2
6000/2/5000


『角王』
■【コールコスト】ゲージ1を払う。
■君がこのカードに『変身』しているなら、このカードは君のセンターにモンスターがいても攻撃できる。
■【対抗】【起動】君がこのカードに『変身』しているなら、ゲージ1を払ってよい。払ったら、君の手札の『角王』か《ダークヒーロー》のモンスター1枚までを、【コールコスト】を払わずコールする。そのカードは場から離れるまで、サイズ0になる。この能力は1ターンに1回だけ使える。
『2回攻撃』『変身』〔ゲージ1を払う〕

「九角勇王 ムクロ“Re:B” 」の評価・解説などを表示

『角王』になった死ヶ峰骸「九角勇王 ムクロ」は、元々所属の《ダークヒーロー》と『角王』両方のデッキで使えるカードとしてリバイバル!能力はまったくの別物で、どちらかと言えば「不抜の影王 ムクロ」「黒白の影王 ムクロ」に近い。
【対抗】で、手札にある『角王』か《ダークヒーロー》を、ノーコストかつサイズ0としてコールできるため、「流冷の氷竜 ロワ・ミセリア」などサイズの大きい『角王』も出しやすい。ただし、コストを払わないという事はソウル枚数も稼げないのにだけは注意。
本人の攻撃性能はそれほどでもないが、自分のセンターが塞がっていても攻撃できるのは嬉しい所。

火星人UFO タコ助“Re:B”
スーパーレア
火星人UFO タコ助“Re:B”
超ガチレア

火星人UFO タコ助“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ヒーローW
ヒーロー
サイズ1
4000/2/2000


■【コールコスト】ゲージ1を払う。
■【対抗】【起動】“ビリタコビーム!”お互いのアタックフェイズ中、ライフ1を払ってよい。払ったら、君はカードの種類1つを宣言し、相手の手札全てを見る。宣言した種類のカードが相手の手札にあれば、相手にダメージ2!さらに、宣言した種類のカードが3枚以上あるなら、カード2枚を引く。「ビリタコビーム!」は1ターンに1回だけ使える。(カードの種類はモンスター、魔法、アイテム、必殺技、フラッグ、必殺モンスターから選ぶ)
『2回攻撃』『搭乗』〔ゲージ1を払う〕

「火星人UFO タコ助“Re:B” 」の評価・解説などを表示
実況ファイター・パル子のバディ・タコ助は“火星人ビリビリビーム”が強化されてリバイバル!
“火星人ビリビリビーム”改め“ビリタコビーム”は、お互いのアタックフェイズ中、宣言したカード種類のカードの枚数に応じて効果が発揮される。
・1枚以上:相手に2ダメージ
・3枚以上:2枚ドロー
『搭乗』していなくても使えるので、うまく活かしたいところ。
近代のバディファイトでは手札が増えやすく、なおかつターン1回制限の魔法もだぶつきやすい。そのため、相手依存とはいえそこまで発動しにくくはないかもしれない。

とはいえ、ダメージ2を与える能力として考えると少々物足りないものがあるので、“ライフを払うが、ついでにダメージを与えられる「ナイスワン(最高だぜ!)」”感覚のカードとして使う事になるか。ただし、ドローソースとして見るとアタックフェイズではタイミングが遅いのはネック。
【対抗】でのコールが行える《超戦士》《超ロボット》等では邪魔になりにくいか。後者なら他に『搭乗』できるカードがない時に『搭乗』参照のカードを使うための要員にもなる。

大魍魎 ヤミゲドウ“Re:B”
スーパーレア
大魍魎 ヤミゲドウ“Re:B”
超ガチGレア

大魍魎 ヤミゲドウ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)

百鬼
サイズ3
8000/2/8000


■【コールコスト】君の場の《百鬼》のモンスター1枚以上をソウルに入れ、ゲージ3を払う。
■このカードはこのカードのソウルにあるカードが持つ全ての“爆雷”を得る。
■お互いのターン開始時、君の手札かデッキから、カード名が違う《百鬼》合計2枚までをこのカードのソウルに入れる。デッキを見たら、デッキをシャッフルする。
■“爆雷”君の場のカードの攻撃が相手に無効化された時、相手にダメージ2!
『3回攻撃』『ソウルガード』

「大魍魎 ヤミゲドウ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
イカズチのバディにして『バディファイト 100』ラスボスのヤミゲドウは、本人の“爆雷”がパワーアップしつつ「復活の邪神 ヤミゲドウ」のようにソウルのカードの“爆雷”をコピーする能力をひっさげてリバイバル!
ソウルは【コールコスト】で入れた分だけではなく能力でも補充可能で、お互いのターン開始時にデッキ・手札から別々の《百鬼》2枚をソウルインできる。
“爆雷”持ちでなくてもよいため「エボリューション・フューチャー」などソウルで能力を発揮するカードを入れるのも手だが、「バディオプション」等《百鬼》以外のカードはソウルイン入れられないのに注意。
ターン開始時というタイミングはドローよりも前なので、「闇荒御魂 オオヤミゲドウ」を入れればそのまま「オオヤミゲドウの爆雷の発動条件を教えてやろう……貴様がドローした時だ!」する事もできる。(こちらがライフ6以下でなければならないが)

やはりというべきか、効果ダメージが効かない相手に非常に弱いのは相変わらずネック。こちらが先攻を取れれば「ヤミゲドウ “SD”」や「光ノ幸魂 ヤミゲドウ・ミカズチ」、「裏厳霊 コクジョウヤミゲドウ」あたりをソウルに入れる事でそれまでの布陣を整える段階で妨害できるのは救い。

「リバイバルバディーズ」:超ガチGレア







アーマナイト・ケルベロス“Re:B”
アーマナイト・ケルベロス“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
デンジャーW
アーマナイト
サイズ2
5000/2/5000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君が《武器》を装備しているなら、場のこのカードのサイズを2減らす。
■【起動】君の場の他のモンスター1枚をこのカードか君の《武器》のソウルに入れる。
■【対抗】【起動】“フルファイヤー”お互いのアタックフェイズ中、相手の場のカード1枚を選び、このカードのソウル1枚を捨ててよい。捨てたら、選んだカードのソウル1枚を捨て、そのカードを破壊し、君のライフを+3!
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』

「アーマナイト・ケルベロス“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ロウガのバディ・ケルベロスは「“A”」でも使えるような能力でリバイバル!復刻とはリバイバルだ!
なお、ケルベロスは最初に商品として世に出たアニメキャラのバディモンスターでもある。(「ケルベロス」収録の『フォージングブラッド』と同時発売の『強ドラ』にドラムは収録されていないため)

能力で《武器》を参照するようになっており、《武器》を装備していればサイズ0になる他、ソウルイン能力でも場のモンスターをこのカードだけでなく《武器》にも埋められるように。
また、“フルファイヤー”はアタックフェイズ中限定になった代わりに【対抗】で使用でき、ただの破壊から回復付きのソウル抜き破壊にパワーアップ。

元と比べると目覚ましい強化ではあるものの、その元が最初期のカードであるため、現代の目で見るとどうしても物足りなさが目立つ。

“魔岩機兵”ドラゴレム“Re:B”
“魔岩機兵”ドラゴレム“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
デンジャーW
デュエルゴーレム/カオス
サイズ2
7000/3/5000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君の場に打撃力4以上のカードがあるなら、場のこのカードのサイズを2減らす。
■君の場の《デュエルゴーレム》全ては相手のカードの効果で、レストされず、能力を無効化されない。
『逆天殺』〔君のターン中、ゲージ1を払う〕そのターン中、君の場のモンスター全ての攻撃力+20000、打撃力+2!!
『移動』『貫通』『2回攻撃』『ソウルガード』

「“魔岩機兵”ドラゴレム“Re:B” 」の評価・解説などを表示
闘技のブルータルのバディにしてそのシンプルな強さ故にカードパワーのインフレを浮き彫りにしたドラゴレムももちろんリバイバル!
《デュエルゴーレム》の打撃力を強化する能力は無くなってしまったため実質打撃力4ではなくなってしまったが、代わりにレスト・能力無効化への耐性を与えられるように。
また、打撃力4以上のカード(このカード自身でも可)があればサイズ0になる。
『逆天殺』は一見同じように見えるが、なんと攻撃力+20000のオマケつき!
『2回攻撃』も持っているため、一応単体で即死圏内のダメージは出せるようになった。

“死灰魔導” エルシニアス“Re:B”
“死灰魔導” エルシニアス“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
マジックW
病/死/カオス
サイズ3
7000/2/5000


■【コールコスト】君のドロップの《病》3枚までをソウルに入れ、ゲージ3を払う。
■君の場のアイテムのソウルに《病》の魔法があるなら、場のこのカードのサイズを3減らす。
■君はこのカードのソウルにある、《病》の魔法を【使用コスト】を払って使える。
『逆天殺』〔君のターン中、ライフ2を払う〕君の場の《病》1枚を選び、君のデッキから《病》の魔法3枚までを、選んだカードのソウルに入れ、デッキをシャッフルする!!
『3回攻撃』『ソウルガード』

「“死灰魔導” エルシニアス“Re:B” 」の評価・解説などを表示
法技のグリモのバディ・エルシニアスはソウルの魔法を使える能力により特化したものに!
ソウルの枚数が増加し『逆天殺』は「機神大魔導 C・エルシニアス」とやや近い、より相性がいい物に変化。
さらに「甘美タル愉悦 C・エルシニアス」よろしく、アイテムのソウルに《病》魔法があればサイズ0になるため、ゲージさえあれば複数枚並べる事も不可能ではない。
『逆天殺』では好きな《病》の魔法3枚をソウルインできるため、リソース補充にせよ妨害にせよ状況に応じたものを持ってこられる。今までの「エルシニアス」のいいとこ取りのようなパワーアップ。

デッキのモチーフがセンシティブなご時世ではあるが、臭い物に蓋的な対処で仲間外れにされたりする事なく、きちんと収録されるのはありがたいところ。

鬼の頭目 伊吹童子“Re:B”
鬼の頭目 伊吹童子“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
カタナW
暗殺鬼/カオス
サイズ3
8000/3/5000


■【コールコスト】ゲージ2を払う。
■このカードが登場した時、相手の場のモンスターかアイテム1枚を破壊する。さらに、このカードが『奇襲』で登場していたなら、破壊したカードの打撃力分、相手にダメージ!このダメージは減らない。
■【起動】君の場の《暗殺鬼》のモンスター1枚を選び、手札のこのカードを公開する。公開したら、このカードを裏向きで、選んだモンスタ-のソウルに入れる。入れたら、カード1枚を引く。
『奇襲』『貫通』『2回攻撃』

「鬼の頭目 伊吹童子“Re:B” 」の評価・解説などを表示
なぜか『逆天殺』持ちの方ではなく「鬼の頭目」のリバイバルだが、それはさておき暗技のサカテのバディ・伊吹童子のリバイバル!
『奇襲』のための準備としてこのカードを場のモンスターのソウルに埋められるが、その際に1ドローがついてくるため、手札を減らさずに準備を整えられる。
登場時にはまずモンスターかアイテムを破壊でき、『奇襲』で出ていればその打撃力分の軽減不能ダメージ!ただし、“破壊できたが場に残された”場合はダメージが通るが、“破壊されなかった”場合はダメージを与えられないのに注意。
破壊が通らない相手にはあまり役に立たないが、近年では『ソウルガード』枚数で徹底的に耐える一部のカードを除けば重要なカードは基本的に破壊されないのが向かい風。


“降魔王剣” レヴァンティン“Re:B”
“降魔王剣” レヴァンティン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW
英雄/武器/カオス
10000/2


■このカードはバディにすることができ、このカードがバディゾーンにあるなら、君はモンスターを場に出せず、アイテムを何枚でも装備できる。
■【装備コスト】君の場にモンスターがいない時、手札1枚を捨てる。
『逆天殺』〔君のターン中、ゲージ1を払い、手札1枚を捨て、君のデッキの上から7枚を捨てる〕君のドロップの《英雄》のアイテム好きな枚数を、【装備コスト】を払わず装備する!!
『貫通』『2回攻撃』

「“降魔王剣” レヴァンティン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
剣技のケイセツのバディアイテム・レヴァンティンはなんと装備せずともアイテム無限装備が可能な超パワーアップ!
バディに選ぶだけで『変身』『搭乗』を含めてモンスターを一切場に出せなくなる代わりに、アイテムを何枚でも装備できるようになる。ファイト中常に有効なため、除去を受けて瓦解するような事もないのは非常に嬉しいところ。
アイテムの【装備コスト】が重くなるデメリット能力も消えており、『逆天殺』もパワーアップしたため純粋な強化といえる。
その『逆天殺』はなんとデッキの上7枚を捨てた後にドロップの《英雄》を好きなだけノーコストで装備できる!
『逆天』『逆天殺』の対象の選択は〔〕内の行動を行った後に処理するため、これによりドロップに落ちたカードも当然装備可能!元々ドロップにあったカードも装備可能なため、落ちてさえいれば何枚でも装備できる。
さらに『貫通』『2回攻撃』と元の「レヴァンティン」とは完全に差し変わるようなスペック。







「リバイバルバディーズ」:超ガチレア





シャドー・ドラゴン“Re:B”
シャドー・ドラゴン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
影竜
サイズ0
1000/1/1000


■「シャドー・ドラゴン“Re:B”」はデッキに何枚でも入れられる。
■このカードは「シャドー・ドラゴン」としても扱う。
■このカードが《影竜》のソウルにあるなら、君の場の《影竜》全ての攻撃力+5000、防御力+5000し、相手のカードの効果で、君の場のカードとソウル全ての能力は無効化されない。

「シャドー・ドラゴン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
気毒スルーのバディ・シャドー・ドラゴンは元祖「シャドー・ドラゴン」と同じカード名としても扱われる無限積みカードとしてリバイバル!
元々の“仲間を呼ぶ”能力は無くなってしまったが、《影竜》のソウルにある間、そのカードだけでなく場の《影竜》全員のステータスを上昇させ、場とソウルに能力無効化耐性を付与してくれる。
ステータス上昇はもちろん重複するため、大量に入ればかなりのパワーアップが見込める。

このカード自体は現代基準に合わせた切り札やアドバンテージ補充ではないため『神』世代のデッキに喰らいつくのは厳しいが、“Re:B”を採用した旧デッキ同士の戦いであればステータス上昇も輝くか。

八角神王 グランガデス“Re:B”
八角神王 グランガデス“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
デンジャーW
デュエルドラゴン/神
サイズ3
20000/3/5000


『角王』
■【コールコスト】ゲージ4を払い、君のデッキの上から2枚をソウルに入れる。
■このカードが登場した時、君のドロップのカード4枚までをこのカードのソウルに入れる。
■相手のカードの効果で君はダメージを受けない。
■このカードが攻撃した時、君のドロップのカード1枚までをこのカードのソウルに入れ、相手にダメージ1!
『移動』『貫通』『4回攻撃』『ソウルガード』『反撃』『ライフリンク4』

「八角神王 グランガデス“Re:B” 」の評価・解説などを表示

「八角神王 グランガデス」のリバイバルバディは、【コールコスト】で2枚・登場時能力で4枚・攻撃時能力で1枚×4のソウルが入るため、相手のターンにはなんとソウル10枚の状態に!
効果ダメージ耐性もあるため、センターにいる間相手はほぼ愚直に突破するしかなくなる。
「神王降臨の儀」で出してもソウルは合計8枚になるため、登場時能力への【対抗】除去が飛んでこない限りはそちらでも問題ないのは嬉しい。『ライフリンク4』は痛いため、相手によってどちらの方法でコールするかは考えたい。
ただし、防御力は5000とアテにできるほどはなく、ソウル10枚は次のターンで倒されてしまう事も十分ありうる範疇。攻撃はかなり引きつけてくれるが、過信はしないようにしたい。

なお、旧カードイラストで確認できなかった足元では岩山を丸々踏んづけているのが確認できる。そういった細部を見られるのは嬉しいところ。

音速の獄卒 ヘル・ゲパルト“Re:B”
音速の獄卒 ヘル・ゲパルト“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
デンジャーW
アーマナイト/地獄
サイズ2
6000/2/6000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君のドロップに《地獄》20枚以上があるなら、君の場の《地獄》全ては相手のカードの効果で、破壊されず、手札に戻せず、能力を無効化されない。
■【対抗】【起動】“獄召獣”君のドロップに《地獄》10枚以上があるなら、君のドロップのカード名が違う《地獄》のモンスター2枚までを、【コールコスト】を払わずコールする。そのカードは場から離れるまで、サイズが0になる。 「獄召獣」は1ターンに1回だけ使える。
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』

「音速の獄卒 ヘル・ゲパルト“Re:B” 」の評価・解説などを表示
シュラ様のバディ・ゲパルトも登場!こちらも「エーティル」と同じくほぼ〈灼熱地獄〉専用カード。
ドロップを肥やす能力は無くなってしまったため元の「ゲパルト」の完全上位互換とはいえないものの、その能力は遥かにパワーアップ。
ドロップの《地獄》が10枚以上ならコール能力“獄召獣”が、20枚以上なら耐性付与能力が有効になる。
耐性付与能力は《地獄》全体への破壊・バウンス・能力無効化を行える。
“獄召獣”では別々のカード名の《地獄》モンスター2体をドロップからノーコストでサイズ0としてコールできる。公式アドバイスでは「ガガルガリオス」系が推されているものの、どちらかといえば「デカたぬき“Re:B”」あたりを優先的に出したいところ。
新規カードが実質2種ある・古いデッキの割には回転力があるあたり《地獄》は比較的救いがある部類か。

世界の中心 メアリー・スー“Re:B”
世界の中心 メアリー・スー“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
マジックW
魔術師
サイズ2
4000/2/3000


■【コールコスト】ゲージ2を払う。
■君のドロップに魔法があるなら、場のこのカードのサイズを2減らす。
■“無限の奇跡”このカードが登場した時、君のデッキの上から5枚を見て、その中の魔法2枚までを手札に加え、残りのカードをデッキの下に好きな順番で置く。「無限の奇跡」は1ターンに1回だけ発動する。
『移動』『2回攻撃』

「世界の中心 メアリー・スー“Re:B” 」の評価・解説などを表示
かつて万能魔法サーチでバディファイト界を沸かせた「メアリー・スー」のリバイバル。
登場時能力が大幅に変更され、デッキの上5枚から魔法2枚までを手札に加えられるように。質はともかく枚数的なアドバンテージが得られるのは嬉しいところ。また、ドロップに魔法があるならサイズ0になるため出した後も邪魔にはならない。

なお、このカードの登場時の能力名は“無『限』の奇跡”であり元祖「メアリー・スー」のそれは“無『敵』の奇跡”とそれぞれ異なるため、こちらの登場時能力を使ったターンにあちらのものを使う事は可能。

二角魔王 アスモダイ“Re:B”
二角魔王 アスモダイ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
マジックW
72柱/魔王
サイズ3
50000/4/10000


『角王』
■【コールコスト】ゲージ2を払う。
■君の場にカードが『設置』されているなら、場のこのカードのサイズを3減らす。
■このカードが場から離れる場合、君の手札2枚を捨ててよい。捨てたら、このカードを場に残す。
『貫通』『2回攻撃』『反撃』『ライフリンク2』

「二角魔王 アスモダイ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
『角王』としての姿のアスモダイがリバイバル!元となった「二角魔王 アスモダイ」の完全上位互換。
手札を捨てて場に残す能力のゲージが不要になり、元々の打撃力が4に・『2回攻撃』を持ち攻撃性能も大幅アップ。
『設置』カードがあればサイズ0になるため、 他のカードと共存しやすいのも嬉しいところ。
“場から離れる場合”なので破壊以外にもあらゆる除去を受けても耐えられるが、能力無効化・“場に残せない”効果は防げないのに気をつけたい。場持ちがいいとはいえ前述の通り命を預けられるほどではないので、センターの壁役よりは左右に置いてやられにくいアタッカーとして使いたいか。

影絵の奇術師 シルエット・ジョー“Re:B”
影絵の奇術師 シルエット・ジョー“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
マジックW
シャドウシェイド
サイズ2
8000/3/5000


■【コールコスト】君の場のサイズ2以上の《シャドウシェイド》1枚の上に重ね、ゲージ2を払う。
■お互いのアタックフェイズ開始時、君のドロップのモンスターか魔法合計2枚までをこのカードのソウルに入れてよい。1枚以上入れたら、君のライフを+1し、カード1枚を引く。
■【対抗】【起動】お互いのアタックフェイズ中、このカードのソウル好きな枚数を捨ててよい。捨てたら、捨てた枚数分、相手にダメージ!
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』

「影絵の奇術師 シルエット・ジョー“Re:B” 」の評価・解説などを表示
影尾ワタルのバディ・シルエット・ジョーは【コールコスト】こそ重くなったものの、その分【対抗】での効果ダメージがパワーアップ!
ソウルを好きな枚数捨ててその分だけダメージを与えられ、1ターン中の使用回数制限も無いで、“次に”受けるダメージを○減らすカードを使われた場合には1ダメージだけ与えて消費させてから本命のダメージを与える・“そのターン中”受けるダメージを○減らすカードを使われた場合にはその分多めにソウルを捨てて強引にダメージを与えに行くなどの対処が可能。また、どちらの場合でも“ソウルを1枚も捨てない”という事もできるので、状況に応じて判断したい。
また、お互いのアタックフェイズに使えるため、相手のターン中にソウルから捨てると能力が発動する「影絵の芸術家 シルエット・オリバー」「影絵の音楽家 シルエット・フーゴ」などを能動的に使える。

【コールコスト】が“場のサイズ2以上のシャドウシェイドに重ねる”事に変わったためカード消費としては重くはなったものの、その分ソウルを稼ぎやすくなっているため一概に悪い事ではない。

包蔵禍心 闇狐“Re:B”
包蔵禍心 闇狐“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
カタナW
髑髏武者/闇
サイズ1
10000/2/5000


■【コールコスト】ゲージ2を払う。その後、君のドロップのカード2枚をソウルに入れる。
■君の場の《髑髏武者》全ては、相手のセンターにモンスターがいても相手を攻撃できる。
■君の場の《髑髏武者》が1枚で攻撃しているなら、そのカードが相手に与えるダメージは減らない。
■“無明送り”君の場の《髑髏武者》が相手にダメージを与えた時、そのカードを破壊してよい。破壊したら、君のデッキの上から1枚をゲージに置き、君のライフを+1し、カード1枚を引く。
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』

「包蔵禍心 闇狐“Re:B” 」の評価・解説などを表示
禍津ジン先輩のバディ・闇狐は“無明送り”が発動しやすくなってリバイバル!
《髑髏武者》全員が相手のセンターを無視して、軽減されない攻撃を叩き込めるようになり、“無明送り”のアドバンテージ量がアップ。
自身がソウル2枚の『ソウルガード』持ちになったので、自身だけでも2回の“無明送り”が使える。
なお、『貫通』などの効果ダメージでも、それを与える能力が《髑髏武者》のものなら“無明送り”が発動できる。

一角獣王 ジウン“Re:B”
一角獣王 ジウン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
カタナW
髑髏武者
サイズ3
10000/5/1000


『角王』
■【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■場のこのカードは相手のカードの効果で、レストされず、能力を無効化されない。
■このカードが1枚で攻撃しているバトル中、相手は【対抗】を使えない。
■【対抗】【起動】君のアタックフェイズ中、ゲージ1を払ってよい。払ったら、そのターン中、このカードの攻撃力+100000!
『移動』『貫通』『ソウルガード』

「一角獣王 ジウン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
〈カタナW〉の『角王』・ジウンはより攻撃を邪魔されにくくなってリバイバル!
攻撃中の【対抗】封じに加えてレスト・能力無効化を受け付けなくなり、元々の打撃力も5に。
さらに、【対抗】でゲージ1を払う事で攻撃力が10万アップ!重ねがけをする必要はまずないが一応可能ではあるため、もし「デュエルズィーガー “テンペスト・エンフォーサー Re:B”」の防御力を11万超えされてしまった時にも理論上突破可能。
ただ、レストや攻撃中の【対抗】を潰せるだけなので、先打ちでダメージ軽減などを使われると普通に防がれてしまうのはやはりネック。

ナノマシン忍者 白夜“Re:B”
ナノマシン忍者 白夜“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
カタナW
忍者
サイズ1
5000/1/1000


■“潜影”このカードは相手のセンターにモンスターがいても、相手を攻撃できる!
■君の場にカード名に「月影」か「剛刃丸」を含むカードがあるなら、このカードの攻撃力+10000、打撃力+3!
■【対抗】【起動】“ナノマシン分身殺法”君のターン中、君の手札の《忍者》か《忍法》1枚を捨ててよい。捨てたら、このカードをスタンドする。

「ナノマシン忍者 白夜“Re:B” 」の評価・解説などを表示
斬夜のもう1人のバディ・白夜は“ナノマシン分身殺法”の強化に加え、「月影」「剛刃丸」がいると攻撃性能が大幅アップするようになった。
以前は“モンスター以外のカード”という指定だったが、“忍者”または“忍法”になり捨てられる範囲が大幅に広がる。(「水斬ノ太刀 村雨」など捨てられなくなったカードはあるが)
「月影」か「剛刃丸」がいれば15000/4/1000になるため、2回スタンドさせられれば一応は12点と致命傷を与えられるようになる。

このカード単体でデッキが組めるというものではないが、「ナノマシン忍者 月影“Re:B”」でサーチしつつ強化できるので、必要な時にだけ持ってきやすいのは嬉しいところ。

美技の刀獣 三日月宗近“Re:B”
美技の刀獣 三日月宗近“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
カタナW
刀獣/日本刀
サイズ2
5000/2/1000


■【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君の場の《日本刀》全ては相手のカードの効果で、破壊されず、手札に戻せず、攻撃力+10000、打撃力+1!
■“月下の構え”このカードが登場した時、君のデッキからカード名が違う《日本刀》3枚までをドロップに置き、君のデッキをシャッフルする。その後、君のドロップに《日本刀》5枚以上があるなら、君のデッキの上から2枚をゲージに置き、カード2枚を引く。「月下の構え」は1ターンに1回だけ発動する。
『移動』『貫通』『2回攻撃』『ソウルガード』

「美技の刀獣 三日月宗近“Re:B” 」の評価・解説などを表示
五剣天下のバディ・三日月宗近がリバイバル!元々ドロップ参照で得られていたパワーアップがほぼ素で得られるため、ドロップ参照能力は攻撃性能ではなくアドバンテージを得る方向に変化。
《日本刀》全てに破壊・バウンス耐性と+10000/+1のステータス上昇を行ってくれるため、いるだけでも有難いところ。
さらに、登場時能力でデッキから《日本刀》3種をドロップしつつ、ドロップに《日本刀》5種があればリソースを補充できる。
好きな《日本刀》をドロップできるので、「白露の刀獣 村雨丸」や「水斬ノ太刀 村雨」と噛み合わせが良い。
前者は攻撃時にドロップのアイテムを装備できるため、攻撃回数を1〜2回稼げる(2回増やすのは骨が折れるが)。また、後者の自身回収能力“水命の儀”はただ能力名が付いているだけでターン1制限などではないため、2枚以上落ちていればまとめて回収できるのを覚えておこう。

他のリバイバルの例に漏れず周囲のカードが貧弱なのがネックだが、とくにこのカードの場合は《日本刀》アイテムを装備する前提にも関わらずそちらがとにかく貧弱。
ゲージ1は後々返ってくるとはいえ、ゲージ3を費やして「名刀 黄金千鳥」と「華美なる太刀 姫鶴」を同時装備した所でようやく3回の攻撃にしかならないのは苦しい。いっそ開き直って「妖ノ太刀 黒村正」を強化して先攻で5点を叩き込むのを生きがいにしてもいいかもしれない。

なお、公式アドバイスで推されている「三日月宗近 “禁義 刀神降臨!”」はこのカードと共存できないため他のカードが弱体化してしまう上に【コールコスト】が“重ねる”ではなく“ソウルに入れる”ため、色々と噛み合わせが悪い。“全種の三日月宗近を積んだデッキを組みたい”等のような特別な事情がなければ、場のこのカードを失わず「村雨丸」の再装備能力も活かせる「刀獣陣 五剣の型」の方がいいだろう。

デカたぬき“Re:B”
デカたぬき“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
カタナW
天国/地獄
サイズ2
7000/2/7000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から2枚をソウルに入れる。
■君の場の《天国》が攻撃した時、相手の場のカード1枚までを手札に戻し、君のドロップのカード1枚までをゲージに置き、君のライフを+1!
■君の場の《地獄》が攻撃した時、相手の場のカード1枚までを破壊し、相手のゲージ1枚までを捨て、相手にダメージ1!
『貫通』『2回攻撃』『ソウルガード』

「デカたぬき“Re:B” 」の評価・解説などを表示
「楽園天国」「灼熱地獄」の両方で使える「デカたぬき」がリバイバル!
このカード自身を含めて、
・場の《天国》が攻撃すればゲージ・ライフ+1とバウンス
・場の《地獄》が攻撃すれば相手のゲージ・ライフ-1と破壊
を放てる。
もしうまくこのカードを3枚揃えられれば公式アドバイスのように中々のものだが、《地獄》にせよ《天国》にせよ他のカードが基本的に古いのがネック。

今日のカードでは超ガチGレアと誤植されていたため、一部で混乱を呼ぶことに。

ドラゴンキッド リッキー“Re:B”
ドラゴンキッド リッキー“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
エンシェントW
怒羅魂頭
サイズ0
3000/1/3000


■このカードが登場した時、君の場に他の《怒羅魂頭》があるなら、君のデッキの上から1枚をゲージに置き、カード1枚を引く。
■【起動】場のこのカードを君の場の他の元々のサイズが3の《怒羅魂頭》1枚のソウルに入れる。
■このカードが《怒羅魂頭》のソウルにあるなら、君の場の《怒羅魂頭》のモンスター全ては相手のカードの効果で、レストされず、能力を無効化されず、ソウルを捨てられない。この能力は無効化されない。

「ドラゴンキッド リッキー“Re:B” 」の評価・解説などを表示
炎魔バンの相棒・リッキーがついにリバイバル!《怒羅魂頭》のリバイバルバディ化は3枚目だが、炎魔バン本人である「四角炎王 バーンノヴァ“Re:B”」と誰のバディモンスターでもない「天輪覇王 ギャング・ザ・キング“Re:B”」と謎が残るチョイスばかりで、きちんとアニメキャラのバディが“Re:B”化するのは初。

肝心の性能に関しては元祖とはまるで別物に。登場時にアドバンテージを稼ぎつつ、その後ソウルに入れて耐性付与を行えるというもの。「悪魔竜 ルプス」などに近いか。
なお、このカードのソウルインに【対抗】してそのサイズ3をレストされてしまうと耐性付与が間に合わず、【コールコスト】や『ライフリンク』の都合上出し直しにくいため苦しい事になるのはネック。
とはいっても耐性の穴を補えるのは嬉しく、運良く【コールコスト】でソウルに入ってくれればそういった心配も不要になる。
「リッキー・オン・ザ・バン」と組み合わせればドロップ送りなどの高位の除去で、なおかつ一回ずつしか除去されなくなるのはありがたい。

剛腕無双番長 デュエルイェーガー “リボルテッド Re:B”
剛腕無双番長 デュエルイェーガー “リボルテッド Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
エンシェントW
竜王番長
サイズ3
40000/4/6000


■【コールコスト】君の場の《竜王番長》1枚までの『ライフリンク』を無効化する。その後、君の場の元々のサイズが3の《竜王番長》のモンスター1枚の上に重ね、ゲージ2を払う。
■このカードがセンターにいるなら、場のこのカードは相手のカードの効果で、レストされず、能力を無効化されず、ソウルを捨てられず、相手のカードの効果で君はダメージを受けない。
■【対抗】【起動】お互いのアタックフェイズ中、ゲージ1を払ってよい。払ったら、そのターン中、このカードの攻撃力+20000、防御力+20000!
『貫通』『4回攻撃』『ソウルガード』『ライフリンク即死』

「剛腕無双番長 デュエルイェーガー “リボルテッド Re:B” 」の評価・解説などを表示
海道大のバディ・イェーガーは何故か通常形態ではなく「リボルテッド」のリバイバルに。
【コールコスト】は“サイズ3の《竜王番長》の『ライフリンク』を無効にして重ねる”というものなので、『ライフリンク』持ちで、かつ能力を無効化されていないモンスターに重ねる必要がある。
公式アドバイスの通り、リバイバル元の「剛腕無双番長 デュエルイェーガー “リボルテッド”」が【コールコスト】として最も適任だが、そちらは他の「デュエルイェーガー」にさらに重ねないとコールできない点に気をつけたい。どうしても手札1枚で済ませたいならソウル枚数が地味に稼げる「全壊番長 ブロウクン・凱」を【コールコスト】にする手も考えられなくはないが、除去耐性ではなく『ソウルガード』で耐えるタイプ・倒されれば一巻の終わりという事を考えるとソウル枚数はとことん追求したいか。
もちろん、「リボルテッド」を【コールコスト】にする場合でも、「舎弟 ノーカーブ・正」や「太陽神の恩寵」などで除去への対策はしておきたいところ。
自前でレスト・能力無効化・ソウル抜き・効果ダメージへの耐性は持っているため、このカードを突破されるか、デッキが切れるか、“潜影”で攻撃されるかがなければこちらが倒される心配はない。
【対抗】でゲージ1払うごとに攻防が+20000ずつされるため、ゲージ5払えば攻防なんと10万超え!とはいえそんなに払ってはいられないので、実用上はせいぜい4万超え程度か。「太陽神の恩寵」や能力無効化耐性の有無という差こそあれど、防御力76000と効果除去への場残し能力を持つ〈メダロット 〉の「ガンキング (メダチェンジ)」ですらさほど活躍できていないため厳しいものはあるが、友人間のファイトで爆上げした防御力を突破できるか否かのギリギリの戦いになれば盛り上がるか。

ブレイドウイング・フェニックス“Re:B”
ブレイドウイング・フェニックス“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ダンジョンW
Dエネミー/コンストラクト
サイズ2
5000/2/5000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■【対抗】【起動】君のターン中、手札のこのカードを【コールコスト】を払わず、君の場の《冒険者》か《Dエネミー》のモンスター1枚の上に重ねてコールする。
■【対抗】【起動】君のターン中、君のドロップの《冒険者》と《Dエネミー》1枚ずつを君のデッキの下に好きな順番で置いてよい。置いたら、君のデッキの上から2枚をゲージに置き、カード1枚を引き、そのターン中、このカードの攻撃力+15000し、『4回攻撃』を得る。この能力は1ターンに1回だけ使える。
『移動』『貫通』『ソウルガード』

「ブレイドウイング・フェニックス“Re:B” 」の評価・解説などを表示
風音のバディ・ブレイドウイングはかつてのリメイク「神域の不死鳥 ブレイドウイング・フェニックス」に近い能力でリバイバル!
ステータスは「神域の不死鳥」より下がってしまっているが、場にモンスターがいなくとも出せる上に【対抗】でノーコストで重ねてコールする事ができるため、小回りが利き併用も可能。
【対抗】でドロップの《冒険者》・《Dエネミー》1枚ずつをデッキに戻す事でリソースを補充しつつ『4回攻撃』持ちになれるため、追撃の際にも貧弱にならないのは嬉しいところ。

「神域の不死鳥」やそのサポートカードになる《冒険者》や《Dエネミー》はまあまあ最近のカードのため、デッキ全体で見た際に他のカードのスペックも『神』世代相当なのはありがたいか。

遠隔の罠師 ロン・リモート“Re:B”
遠隔の罠師 ロン・リモート“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ダンジョンW
冒険者/罠
サイズ2
5000/2/5000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君の場の《罠》全ては相手のカードの効果で、破壊されず、手札に戻せず、能力を無効化されない。
■“美形の美技”君が《罠》の魔法を使った時、カード2枚を引き、相手にダメージ2を与え、そのターン中、君の場の《罠》全ての攻撃力+10000、防御力+10000し、『2回攻撃』を得る。「美形の美技」は1ターンに1回だけ発動する。
『ソウルガード』

「遠隔の罠師 ロン・リモート“Re:B” 」の評価・解説などを表示
アニメでは登場話数の少なさの割にかなり濃いキャラを見せて来た《罠》のキーカード・ロンがリバイバル!
場の《罠》全員に破壊・バウンス・能力無効化耐性を与えてくれるほか、元々あった《罠》の魔法を使った時の能力がパワーアップ!
ただのターン1回制限から能力名でのターン1回制限になったため出し直しての再利用はできなくなったが、ドローとバーンの効果がなんと倍増し《罠》への攻防+10000がついた。
とはいえ、場に出す他の《罠》も魔法の《罠》も貧弱なのがネック。

なお、《罠》アイテムの「トラップメーカー」はエラッタ(テキスト変更)されているが、公式カードリストではその旨が書いていないのに気をつけたい。
“一回のバトルで一度しか使用できない”という制約がついただけなので忘れる心配はないが、今になって《罠》に興味を持って組もうという人は気をつけたい。

風の精 シルフ“Re:B”
風の精 シルフ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW
ワイダーサカー/妖精
サイズ0
1000/2/1000


■【コールコスト】ゲージ1を払う。
■このカードが登場した時、君のデッキから《ワイダーサカー》か《妖精》のアイテム1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。
■このカードが攻撃した時、君のデッキの上から1枚を捨てる。捨てたカードが《ワイダーサカー》か《妖精》なら、そのカードを手札に加えてよい。加えたら、相手にダメージ1!

「風の精 シルフ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
毛村のバディ・シルフはアイテムを持ってくる能力がデッキからにパワーアップしてリバイバル!
また、攻撃時にデッキトップが《ワイダーサカー》や《妖精》なら手札に加えつつダメージを与えられる。攻撃回数を増やしてやればその分チャンスは増えるので生かしたい。

アイスブレイド・ジョーカー“Re:B”
アイスブレイド・ジョーカー“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW
アースガルド/水
サイズ0
6000/2/3000


■【コールコスト】ゲージ3を払う。
■このカードが君の手札から捨てられた時、君のドロップのカード名に「ジョーカー」を含むモンスター3枚までを選び、ゲージ1を払ってよい。払ったら、選んだカードを、【コールコスト】を払わず別々のエリアにコールする。
■君か相手の手札が0枚なら、君の場のモンスター全ては破壊されず、このカードの打撃力+2!この能力は無効化されない。
『3回攻撃』

「アイスブレイド・ジョーカー“Re:B” 」の評価・解説などを表示
「ミセリア」ではなく「氷竜キリ」としてのバディ・ジョーカーがリバイバル!
捨てられた時のドロップからのコール能力が任意の「ジョーカー」3体までになっており、また「大魔法 ラグナロク」などでどちらかの手札が枯渇していればモンスターに破壊耐性を与えてくれる上、自身は打撃力4に!打撃力増加は自分だけなのに気をつけよう。
『3回攻撃』なので単体でも12点は叩き出せる。
コール対象になる既存の「ジョーカー」はいくらかいるが、取り立てて相性がいいものはいないため主に同名カード複数体を並べる目的での使用になるか。
このカードを同時に2枚以上捨てていれば「カオスブレイド・ジョーカー」3体をコール→このカード3体をコール→「カオスブレイド」の能力を解決……の順で打撃力5の9回連続追撃というような事をは行えるが、ドロップに要求されるカードがあまりにも多いか。

不滅剣 デュランダル“Re:B”
不滅剣 デュランダル“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW
英雄/武器
10000/2


■このカードはバディにすることができる!
■【装備コスト】ゲージ1を払う。
■君の場の《英雄》全ては相手のカードの効果で、破壊されず、手札に戻せず、能力を無効化されない。
■【対抗】【起動】“不屈の英雄”君のターン中、君の手札1枚を捨ててよい。捨てたら、君の場の《英雄》全てをスタンドする。「不屈の英雄」は1ターンに1回だけ使える。
『装備変更』『貫通』『2回攻撃』

「不滅剣 デュランダル“Re:B” 」の評価・解説などを表示
霧雨正雪のバディにして初のバディに選べるアイテム・デュランダルがリバイバル!
《英雄》全てに破壊・バウンス・能力無効化耐性を与えてくれる上、【対抗】で手札を捨てる事で《英雄》全てをスタンドできる。
少々もったいないが、単に「偽聖剣 ガルガーノ・レプリカ」等を捨てるためだけの能力として使う事もできなくはないため、先攻1ターン目や「バディブロック」系を使われて手持ち無沙汰になった時、どうにかして手札を整えたければ一応視野に入れておきたい。
リバイバルされる事も確定済みの「“降魔王剣” レヴァンティン」系統と非常に相性がいいのは間違いないが、正雪のような《英雄》モンスターを並べるスタイルのデッキでも一応能力を発揮できるのは嬉しいところ。

なお、『装備変更』は健在のため、装備済みの「偽王剣 フラガラッハ・レプリカ」「偽聖剣 ガルガーノ・レプリカ」等を回収して手札コストとして使い回すことも可能。

星神 アストライオス“Re:B”
星神 アストライオス“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW
オリンピア/星
サイズ2
6000/3/6000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■君のレフトとライトの《星》は破壊されず、手札に戻せない。
■お互いのアタックフェイズ開始時、君のレフトとライトに《星》がいて、君の場に《星》が『設置』されているなら、君のライフを+1し、カード1枚を引き、そのターン中、君の場の《星》全ての攻撃力+10000、防御力+10000し、『3回攻撃』を得る。
『貫通』『ソウルガード』

「星神 アストライオス“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ソフィアのバディ・アストライオスがリバイバル!
当時は自身を含めた左右への“攻撃を含めた破壊への耐性”だけだったが、加えてバウンスも防げるように。
また、アタックフェイズ開始時に左右と魔法エリアに《星》が揃っていれば、ライフと手札を補充しつつ場のカードを強化してくれる。
「大運命 凍てつく星辰」は能力無効化の中でも珍しくソウルにも干渉できるという独特の強みこそあれ、それだけで勝てるカードではないので攻撃性能を補えるのは嬉しいところ。

ちなみに、初期段階では〈レジェンドW〉とは別で『ミソロジーワールド』なるワールドも登場する予定だった。アーサー王伝説などは前者、この「アストライオス」のような神話系のものは後者になる予定だったが、実際にカードが出る頃には後者のものも〈レジェンドワールド〉へと統合される事になったもよう。

七角地王 ドーン伯爵“Re:B”
七角地王 ドーン伯爵“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW
ワイダーサカー
サイズ0
4000/1/1000


『角王』
■“黄昏の帰還者”お互いのメインフェイズ開始時、このカードが君のドロップにあるなら、ライフ1を払ってよい。払ったら、カード1枚を引き、ドロップのこのカードをコールする。「黄昏の帰還者」は1ターンに1回だけ発動する。
■君の場の他のモンスターかアイテムが相手のカードの効果で場から離れる場合、場のこのカードをドロップに置いてよい。置いたら、そのカード1枚を場に残す。

「七角地王 ドーン伯爵“Re:B” 」の評価・解説などを表示
〈レジェンドW〉の『角王』にして《ワイダーサカー》のドーン伯爵のリバイバル!
ドロップから復活する能力がドローつきにパワーアップし、さらに他のモンスター・アイテムがカード効果で除去される時に身代わりに!
復活能力“黄昏の帰還者”は能力名でのターン1回制限があるためドロップに複数枚あっても1体しか出せないのに気をつけたい。
また、公式アドバイスには“破壊される時身代わりに”とあるが、正確には『カードの効果で』『場を離れる』場合に働くことに注意。攻撃での破壊も防げそうな表現だが攻撃に対しては無力であり、また、破壊そのものは防げないため“相手のモンスターを破壊する。破壊したら〜”のような効果を受けると“破壊したら〜”以下を使われてしまう。その代わり、バウンスやドロップ送り、デッキ戻しなど高位の除去に対しても有効なのは覚えておきたい。
“場のカード”ではなく“他のモンスターかアイテム”という指定があるため、『設置』された魔法や必殺技は守れないのも留意しておこう。

終末の黒竜 デスタリカ“Re:B”
終末の黒竜 デスタリカ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
黒竜/深淵
サイズ3
20000/4/6000


■【コールコスト】ゲージ4を払う。その後、君のドロップの《深淵》好きな枚数をソウルに入れる。
■場のこのカードは『ソウルガード』を得られず、相手のカードの効果でソウルを捨てられない。
■このカードが攻撃された時か場から離れる時、このカードのソウル3枚をデッキの下に置いたら、その攻撃を無効化するか、このカードを場に残す。
■このカードが攻撃した時、君のデッキの上から3枚までをこのカードのソウルに入れる。1枚以上入れたら、君のライフを+1し、相手にダメージ1!
『4回攻撃』

「終末の黒竜 デスタリカ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
グレムリンこと烈のバディがリバイバル!
元の「デスタリカ」と比べると、ステータス・攻撃回数が増加してソウル抜き耐性・攻撃時能力が加わった事になる。
能力無効化さえ受けなければ攻撃とあらゆる除去をソウル3枚で肩代わりできるが、アニメのように9回分を溜め込んでも現代では1ターンで解体されかねないのは苦しいところ。
幸い、攻撃時能力で1回につき3枚までソウルを補充して回復しつつダメージを与えられるので、4回分ソウルを追加できる。3枚ちょうどでなくてもよいので、コール時に入れたソウル枚数が半端ならその端数を補えるような入れ方でもよいのは嬉しいところ。
バディファイトにおいて1ターンに増える手札は基本的に1枚……などという時代では無くなってしまったため制圧するような戦い方は難しいが、条件はこちらも同じ。当時と比べてこのカードを速やかに出せるようにはなっているので、1体目が即座に解体されてしまっても2体目3体目と出して、肥えたドロップを活用していきたい。
なお、ソウルをデッキに戻して使う能力のうち、“攻撃された時”の部分は自動能力・“場から離れる時”の部分は永続能力と思われる。
そのため、時を止められた場合も“場から離れる時”の部分は使用可能。攻撃や破壊はされてしまうため『貫通』などのダメージは防げないものの、延命のチャンスがある事は覚えておきたい。

死竜 デスゲイズ・ドラゴン“Re:B”
死竜 デスゲイズ・ドラゴン“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
黒竜/死/深淵
サイズ1
6000/1/1000


■【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
■【対抗】【起動】君のアタックフェイズ中、「死竜 デスゲイズ・ドラゴン“Re:B”」以外の君のドロップのサイズ1以下の《黒竜》と《死》両方を持つモンスター1枚までを、【コールコスト】を払ってコールする。この能力は1ターンに1回だけ使える。
■“霊撃”このカードの攻撃で、相手のモンスターを破壊した時、相手のゲージ1枚を捨て、相手にダメージ1を与え、相手は手札1枚を選んで捨てる。
『2回攻撃』『ソウルガード』

「死竜 デスゲイズ・ドラゴン“Re:B” 」の評価・解説などを表示
山崎ダビデのバディ・デスゲイズのリバイバルは“霊撃”能力がより凶悪になった上、【対抗】で他の《黒竜》かつ《死》のモンスター2体を復活させられるように!
公式アドバイスでも言われている通り、最近収録された「死の福音 デスゲイズ・リーパー」とは特に噛み合わせが良く、ぜひ併用したいところ。
なお、“霊撃”持ち同士の連携攻撃でモンスターを倒した場合、両方の“霊撃”が発動するのは覚えておきたい。


黙示録の第一騎士 グラトス“Re:B”
黙示録の第一騎士 グラトス“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
黒騎士/深淵/百鬼
サイズ2
7000/2/7000


■このカードは「黙示録の第二騎士 ヴォレモス」「黙示録の第三騎士 アベルシア」「黙示録の第四騎士 サナトス」と一緒にバディゾーンに置ける。
■【コールコスト】君のドロップの《黒騎士》か《百鬼》合計5枚までをソウルに入れ、ゲージ3を払う。
■君の場の他の《黒騎士》全てのサイズを1減らす。
■【対抗】【起動】このカードのソウル1枚を捨ててよい。捨てたら、相手のモンスター全てを破壊し、そのターン中、君の場の《黒騎士》全ての攻撃力+10000、防御力+10000、打撃力+1し、『3回攻撃』を得る。この能力は1ターンに1回だけ使える。
『貫通』『ソウルガード』

「黙示録の第一騎士 グラトス“Re:B” 」の評価・解説などを表示
グラトスはソウルが元より遥かに入れやすくなってリバイバル。バディにしなくてもソウルを5枚入れられる。
なんと他の「黙示録の騎士」たちを同時にバディにできるようになり、神をも超える4枚バディに!
このカードが場にいる間他の《黒騎士》をサイズダウンしてくれるものの、「黙示録の騎士」たちはそれでも『ちょっとステータスが高いだけのサイズ0』なのは厳しいものがあるが、賑やかしとして入れておいてもあまり邪魔にならないのは嬉しいところ。最大4回のバディコールが行えるので、ささやかながらライフ回復手段の一つにはなるか。
ソウルを捨てての破壊能力は1枚でモンスター全破壊にパワーアップ!さらについでに自身への『3回攻撃』付与と自身を含む《黒騎士》全員へのステータス上昇を行う。破壊できなくてもステータス上昇は得られるので、それ目当てに使っても問題ない。

気をつけたい点として、ステータス上昇はそのカード自身にも働くが、サイズ低下はあくまで“他の”《黒騎士》に対してのみ働くので気をつけよう。
なお、「C・ダリルベルク」など意外なところが《黒騎士》だったりする。もし〈ダークネスドラゴンW〉で構築する場合は使えそうな《黒騎士》を探すのも手。とはいえ、あまり強力なものはいないので盤面としては自身×3が一番強いが……

終末の大魔竜 アジ・ダハーカ“Re:B”
終末の大魔竜 アジ・ダハーカ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
ドラゴン/神
サイズ3
20000/3/20000


■君のフラッグが「ドラゴン・ツヴァイ」か「ドラゴン・ドライ」ならコールできる。
■【コールコスト】君の場のモンスター1枚をドロップに置き、ゲージ2を払う。
■このカードが場から離れる場合、君の手札2枚を捨ててよい。捨てたら、このカードを場に残す。
■【対抗】【起動】ライフ2を払ってよい。払ったら、このカードをスタンドする。
『貫通』『2回攻撃』『ライフリンク3』

「終末の大魔竜 アジ・ダハーカ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
キョウヤのバディ・アジ・ダハーカの中でも、〈ドラゴン・ツヴァイ〉〈ドラゴン・ドライ〉向けのもののリバイバル。
「終末の大魔竜」のような場残し能力と「黒天太陽竜」のようなスタンド能力を併せ持つ。
とはいえ、モンスターへの攻撃時限定だった「黒天太陽竜」とは違い、ライフをより多く消費する代わりに攻撃先を問わず【対抗】でスタンド可能に。
『2回攻撃』持ちのため2回の【対抗】スタンドで致死圏内になるが、「バディブロック」等であっさりかわされてしまうのは厳しい物があるか。



制服戦士 ブレザーフリル“Re:B”
制服戦士 ブレザーフリル“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ヒーローW
ヒロイン
サイズ2
6000/3/3000


■【コールコスト】ゲージ1を払う。
■【対抗】【起動】お互いのアタックフェイズ中、手札のこのカードを【コールコスト】を払ってコールする。
■君の場に《ヒーロー》があるなら、場のこのカードのサイズを2減らし、攻撃力+8000、打撃力+1!
■このカードが攻撃した時、君が《ヒーロー》に『変身』しているなら、カード1枚を引き、相手にダメージ1!
『移動』『貫通』

「制服戦士 ブレザーフリル“Re:B” 」の評価・解説などを表示
増科レイドのバディ・ブレザーフリルは【対抗】でコールできるモンスターとしてリバイバル。カードとしては攻撃力以外はリバイバル前とほぼ別物だが、ファイターの壁役になりつつ「バンテージ仮面」系の能力で倒される前に手札に戻せるギミックは健在。
とはいえ、公式アドバイスにもある通り、本領発揮できるのは「乙女の怒り! ブレザーフリル」との組み合わせ。ゲージが続く限りゲージ1枚を手札1枚と5ダメージに変換できる事になる。そのうち1点は攻撃時能力のため、「バディブロック」系1枚だけでは完全には防がれないのも嬉しいところ。

ジェムクローン “オリジン・ブレイカー!Re:B”
ジェムクローン “オリジン・ブレイカー!Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ヒーローW




■【コールコスト】君の手札かドロップのカード名が違う必殺モンスター合計3枚までをソウルに入れ、ゲージ2を払う。
■【対抗】【起動】君の場にカード名に「ゼータ」か「ジェムクローン」を含むカードがあるなら手札のこのカードを【コールコスト】を払ってコールする。
■このカードは相手のカードの効果で、能力を無効化されず、ソウルを捨てられず、このカードのソウルにあるカード名に「ジェムクローン」を含まない必殺モンスターに書かれている能力全てを得る。
『移動』『ソウルガード』

「ジェムクローン “オリジン・ブレイカー!Re:B” 」の評価・解説などを表示
ジェネシスの人造バディ・ジェムクローンは“オリジン・ブレイカー”の姿でリバイバル!
場の「ジェムクローン」をドロップしなくても出せるようになり、ソウルに入れる必殺モンスターは手札・ドロップのどちらからでも合計3枚まで好きな数を入れられるようになった。
【コールコスト】の段階でソウルが入るため【対抗】除去で無に帰す心配がなくなったのはもちろんだが、登場時能力もコピーできるのは嬉しいところ。

場に「ゼータ」か「ジェムクローン」がいれば必殺コールの回数制限にひっかからず【対抗】コールができるため、「ジェムクローン」であるJがおりそちらのサポートも受けられる《超戦士》に混ぜるのが一番ポテンシャルを発揮しやすいが、登場時能力を発動できるのを活かして「キング・ザ・ドミネーター “エンドゲーム”」などの変わり種を用いても面白いかもしれない。真っ向から戦うのに向いた「J」ではなく「ゼータ」に『必殺変身』すれば何回でも必殺コールが行えるため、このカードを活かした特殊なコンボも考えやすい。

暦級五番艦 サツキ“Re:B”
暦級五番艦 サツキ“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
ヒーローW
戦艦
サイズ5
12000/3/5000


■君が『着任』した時、君のドロップのモンスター2枚までをこのカードのソウルに入れる。
■【対抗】【起動】お互いのアタックフェイズ中、君の場の《艦載機》2枚までをこのカードのソウルに入れてよい。1枚以上入れたら、このカードのソウルにある《艦載機》2枚までを、【コールコスト】を払ってコールする。この能力は1ターンに1回だけ使える。
『貫通』『ソウルガード』『着任』〔ゲージ3を払い、君のデッキの上から4枚をソウルに入れる〕

「暦級五番艦 サツキ“Re:B” 」の評価・解説などを表示
サイズ5のため「サツキ専用可変外装 ハザクラ」で利用できる、非《超ロボット》の純粋な《戦艦》デッキ向けのカード。ソウルの入り方が「逆天戦艦 サツキ」以降のものと同じく『着任』のコストでデッキの上4枚・能力でドロップから2枚となっているのでソウル枚数を稼ぎやすい。
【対抗】コール能力は《艦載機》を1〜2枚ソウルインし、その後ソウルの《艦載機》をコールできるというもの。
コールする《艦載機》のスペックには不安が残るものの、より【対抗】コールに長ける方向に強化されるのは嬉しい所。ただし、万が一能力に【対抗】しての除去を撃たれてソウルに入れられなかった場合、コールもできないまま回数制限を消費してしまうのに注意。

なお、「外殻」と通常の《艦載機》を出して《艦載機》を「外殻」の【コールコスト】にする……という事はできないのに気をつけよう。「外殻」を出す際の【コールコスト】には既に場に出ているものを使うこと。

六角嵐王 ヴァリアブルコード“Re:B”
六角嵐王 ヴァリアブルコード“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
スタードラゴンW
ネオドラゴン
サイズ2
14000/3/15000


『角王』
■【コールコスト】君の手札好きな枚数と、君の場のモンスター3枚をソウルに入れ、ゲージ2を払う。
■お互いのアタックフェイズ開始時、君のデッキから1枚までを、このカードのソウルに入れ、デッキをシャッフルする。
■このカードが攻撃した時、このカードのソウルが3枚以上なら、そのターン中、君の場のモンスター全ての打撃力+1し、『3回攻撃』を得る。この能力は1ターンに1回だけ発動する。
『移動』『貫通』『ソウルガード』『反撃』

「六角嵐王 ヴァリアブルコード“Re:B” 」の評価・解説などを表示
絢爛朱雀こと〈スタードラゴンW〉の『角王』・ヴァリアブルコードのリバイバルは、元よりもさらに大量のカードを【コールコスト】とする代わりにスペックも大幅アップ!
ソウルが3枚以上あれば自身を含め全モンスターに『3回攻撃』付与と打撃力+1をしてくれるが、【コールコスト】の都合上出したターンには容易に達成可能。
アタックフェイズ開始時にはデッキから好きなカードをソウルインできるため、《竜装機》や「バディオプション」などを入れたいところ。
もしサイズ問題さえクリアできるなら、同じく味方を強化できる「知識と希望の神 ゴッドクロス・アストルギア」との併用も面白いか。

なお、“場のモンスターをソウルに入れる”コストについては
・そのモンスターに入っていたソウルは引き継がれずドロップに落ちる(“重ねる”とは異なる)
・ソウルに行くのも“場を離れた”内に入るため『ライフリンク』などが発動する
のは覚えておきたい。

永遠の御使い エーティル“Re:B”
永遠の御使い エーティル“Re:B” (「リバイバルバディーズ」)
スタードラゴンW
ネオドラゴン/天国
サイズ2
4000/2/6000


■【対抗】【起動】君のフラッグが「楽園天国」なら、君のドロップのカード3枚までを、君のデッキの下に好きな順番で置く。3枚置いたら、君のライフを+2し、カード1枚を引く。この能力は1ターンに1回だけ使える。
■【対抗】【起動】“アゲアゲ↑コーリング!”君のドロップが5枚以下なら、君の場の《天国》のモンスター2枚までを手札に戻す。その後、君の手札のカード名が違う《天国》のモンスター2枚までを、【コールコスト】を払わずコールする。「アゲアゲ↑コーリング!」は1ターンに1回だけ使える。
『移動』

「永遠の御使い エーティル“Re:B” 」の評価・解説などを表示
ドラムの先代角王・天武のじっちゃんも「五角」向けにリバイバル!
「ドラム」がいればサイズが縮むため「五角超騎竜 砂塵杖のアルカイド」を出さずともドラムと肩を並べられるのは嬉しいところ。
除去能力は「荒ぶる五角竜王」に近いものが登場時だけでなく被ダメージ時にも使用でき、その範囲も合計攻撃力50000までに広がる。
ただし、この能力に【対抗】してのステータス上昇で攻撃力を50000より高くされてしまうと1体も破壊できなくなるのは痛い。除去に【対抗】でコールされたモンスターも破壊できなくなるのに注意。
なお、攻撃力0のカードは“0という攻撃力を持っている”ため問題なく破壊できる。破壊できないのは『設置』魔法など。

自前でサイズダウン能力を持っているせいで「烈神天武」などと比べるとスペックは見劣りするが、初期イラストの「天武」をドラムと共存させられる点や他の「ドラム」を使うデッキでも使える点を活かしたい。

フューチャーカード バディファイト
フューチャーカード バディファイト (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
ゲット



■このカードは全てのフラッグで使える。
■次の2つから1つを選んで使う。その後、君のデッキの上から2枚をゲージに置き、このカードをバディゾーンに置く。「フューチャーカード バディファイト」はファイト中に1回だけ使える。
・君のデッキからバディ1枚を手札に加え、デッキをシャッフルする。
・【対抗】君か相手のライフが5以下なら、君のデッキから必殺技1枚を手札に加え、デッキをシャッフルする。
■君のアタックフェイズ開始時、このカードがバディゾーンにあるなら、そのターン中、君の場のバディ1枚の打撃力+2!

「フューチャーカード バディファイト 」の評価・解説などを表示
『フューチャーカード バディファイト100』開始記念のPRカード「フューチャーカード バディファイト100」の系譜のモンスター……ではなく、
なんと全てのフラッグで使用可能な魔法カード!
ゲージ2枚を置いた後に
・バディをサーチ
・【対抗】で、どちらかのライフが5以下なら必殺技サーチ
が可能!
ある意味「俺のバディ!”Re:B”」とも言える。
ファイト中1回しか使えないのはネックだが、使った後はバディゾーンに置かれてさらなる能力を発揮する。
アタックフェイズ開始時にこのカードがバディゾーンにあれば、バディ1枚の打撃力を+2!
同名カードが複数並んでいる場合でも、効果が及ぶのはそのうちの1枚だけなのには気を付けたい。

バディに選んでさえいればどんなカードでもサーチできるので、《ダークヴェノムドラゴン》のようにキーカードをサーチする手段が存在せず構築しにくかった属性や、キーカードのサーチ・使用にゲージが嵩む属性にはありがたいところ。
また、カード種類の指定はなくバディアイテムもサーチ可能なため、おそらくバディなら「ドラゴ怪盗団の天空城 “ルブラ・モーリス」も、サーチ可能。

これまでもファイト中1回の魔法はあったが、その多くはデッキ枚数を回復しつつ防御的な効果を発揮するものだったため「終盤までに1枚だけ引ければよいので少数採用で運良く引けたら持ち続ける」ような運用でも問題なかった。
うってかわってこちらは最序盤に引きたいカードでありながら2枚目以降が完全に腐ってしまうため、枚数配分はやや悩ましい。

ジャックナイフ・トラスト
ジャックナイフ・トラスト (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
緑竜/ゲット/強化



■『設置』(このカードは場に置いて使う)
■【起動】ライフ1を払ってよい。払ったら、君のデッキかドロップからカード名に「ジャックナイフ」を含むモンスター1枚を手札に加える。デッキを見たら、デッキをシャッフルする。この能力は1ターンに1回だけ使える。
■君の場のカード名に「ジャックナイフ」を含むカード全ては、相手のカードの効果で、能力を無効化されず、レストされず、ソウルを捨てられず、君はカード名に「ジャックナイフ」を含むアイテムを追加で1枚装備できる。
■「ジャックナイフ・トラスト」は君の場に1枚だけ『設置』できる。

「ジャックナイフ・トラスト 」の評価・解説などを表示
「ジャックナイフ」サポートの『設置』魔法!
『設置』していれば毎ターン【起動】でライフ1を払う事で、「ジャックナイフ」モンスターをサーチまたは回収でき、『設置』されている間はこのカードを含む全ての「ジャックナイフ」が能力無効化・レスト・ソウル抜きへの耐性を得る上に、なんと「ジャックナイフ」アイテムを二刀流できるように!
『解放条件!』で「ジャックナイフ “ゴルドリッター”」の装備を要求する「未来への剣 ジャックナイフ “グランテーゼ”」を装備する際、本来なら「ゴルドリッター」が押し出されてしまうが、このカードがあれば両方を同時に装備した状態になれる。
「グランテーゼ」は【装備コスト】等で「ゴルドリッター」を消費している訳ではなく、単なるエリア重複処理で押し出してしまっているだけ。そのため、その処理が起こらなくなれば同時に装備可能となる。
もちろん、そこから更にもう一枚装備しての「グランテーゼ」二刀流というのもアリ。

FAQでの「ゴルドリッター」と「ドラゴンシールド 白竜の盾」の処理を鑑みると、「グランテーゼ」と「ゴルドリッター」を同時装備した状態で連携攻撃を受けた場合、「ゴルドリッター」でダメージを2点に変更→「グランテーゼ」でそこから-2して0ダメージに抑える事ができると思われる。
昨今では防御力12000を単体で突破するのはさほど困難ではないにせよ、連携攻撃という選択肢をほぼ完全に潰せるのはなかなか。

バディ・ザ・パーティ
バディ・ザ・パーティ (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
雷帝軍/召喚



■【使用コスト】ライフ2を払う。
■【対抗】君のデッキの上から2枚をゲージに置く。その後、君のドロップのカード名に「ドラム」を含むモンスター1枚までと、カード名に「バルドラゴン」を含むモンスター1枚までと、カード名に「バッツ」を含むモンスター1枚までを、【コールコスト】を払って、別々のエリアにコールする。そのカードは場から離れるまで、サイズが0になる。「バディ・ザ・パーティ」は1ターンに1回だけ使える。

「バディ・ザ・パーティ 」の評価・解説などを表示
ドラム・バル・バッツの三大バディを揃い踏みさせられる【対抗】魔法。
【対抗】でゲージ+2した後、ドロップから「ドラム」「バル」「バッツ」をサイズ0としてコールできる。
【コールコスト】は払うためゲージ消費には気をつけたいが、裏を返せばソウルも入ってくれるということ。
今弾収録の「バル」は必殺モンスターだが、カード効果でのコールは必殺コールの回数制限に引っかからないのは忘れないようにしたい。

エボリューション・フューチャー
エボリューション・フューチャー (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW
防御/百鬼



■【対抗】君のターン中、君の場にカード名に「ドラム」か「ヤミゲドウ」を含むモンスターがいるなら、このカードを君の場のモンスター1枚のソウルに入れる。入れたら、カード1枚を引く。
■【対抗】【起動】相手のターンの攻撃中、このカードがモンスターのソウルにあるなら、ゲージ1を払ってよい。払ったら、その攻撃を無効化し、君か相手にダメージ1!この能力は1ターンに1回だけ使える。

「エボリューション・フューチャー 」の評価・解説などを表示
〈ドラゴンW〉・〈百鬼夜行〉で使用可能な【対抗】魔法!
【対抗】で場の「ドラム」「ヤミゲドウ」のソウルに入れて1枚ドローできるほか、ソウルに入った後は1ターンに一度だけ相手の攻撃中に【対抗】でゲージ1を払う事で攻撃を防いで自分か相手にダメージを与えられる。
言ってしまえば、手札を減らさずに使える「ドラゴンシールド 竜王の盾」や「ゲドウシールド 悪鬼の盾」という事になる。

なお、【対抗】で「五角」の被ダメージ時能力を使えるが、相手の攻撃時能力などに【対抗】してこの能力を使った場合は
この能力で自分にダメージ→相手の攻撃時能力など→「五角」の被ダメージ時能力
……という順番になるのはくれぐれも気をつけよう。もちろん、普通に相手にダメージを与えるのもアリ。

1ターンに1回しか攻撃無効化能力は使えないが、複数枚ソウルにあればその分だけ使える。また、ソウルにあるカードが新しく別のカードのソウルになった時、その回数制限はリセットされる。
例えば、場の「ドラム」のソウルにこのカードを4枚入れて能力を4回使った後、その「ドラム」の上に新たな「ドラム」を重ねてコールできれば、もう4回能力を使う事ができる。

コンプリート・ネクスト
コンプリート・ネクスト (「リバイバルバディーズ」)
マジックW
病/カオス



■【対抗】そのターン中、君の場の《病》と《カオス》全ては、相手のカードの効果で、破壊されず、レストされず、能力を無効化されず、攻撃力+10000!さらに、君の場にカード名に「ギアゴッド」か「エルシニアス」を含むモンスターがいるなら、カード1枚を引く。「コンプリート・ネクスト」は1ターンに1回だけ使える。

「コンプリート・ネクスト 」の評価・解説などを表示
「ギアゴッド」ほか《カオス》を用いる〈The Chaos〉・「エルシニアス」ほか《病》を用いる〈マジックW〉で使用可能な魔法。
【対抗】で《病》と《カオス》全てに破壊・レスト・能力無効化への耐性を与えつつ攻撃力+10000!
どちらもアドバンテージ補充能力は現代でも大きく遅れを取る訳ではないが、耐性・ステータスでは思わぬところでつまづく可能性があるため、それをカバーできるのは嬉しい。
その後、「ギアゴッド」「エルシニアス」がいれば1枚ドローできる。相手ターン中にも使えるので、手札にダブついてしまった分もある程度はキャントリップで処理しやすい。

公式アドバイスにもある通り、使用してドロップに落ちたこのカードを「死灰魔導 エルシニアス“Re:B”」の【コールコスト】にしてしまえば相手ターン中に再利用できる。

竜燈照隅
竜燈照隅 (「リバイバルバディーズ」)
エンシェントW
ゲット



■【使用コスト】ゲージ1を払い、手札1枚を捨てる。
■君のデッキからサイズ3のモンスター1枚までとサイズ0のモンスター1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。「竜燈照隅」は1ターンに1回だけ使える。

「竜燈照隅 」の評価・解説などを表示
〈エンシェントW〉なら属性を問わず使える2:2交換のサーチ魔法!サイズ3とサイズ0を1体ずつサーチできる。
イラストでは轟鬼先輩とデュエルズィーガーが描かれているが、サイズ0の選択肢に乏しい《ドラゴンロード》よりも他の属性の方が使い勝手がいい。特にサーチ魔法が「一竜一会」しかない《怒羅魂頭》にとってはかなり嬉しいカード。

また、イラスト的にどうしても「デュエルズィーガー」主体のデッキに入れたいという事であれば「世界を巡る旅 アトラ “SD”」などのジェネリックのサイズ0を使うという手も無くはない。

友情のパズル
友情のパズル (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW
ドロー



■君の場にカード名に「大魔法」を含むカードがあるなら、このカードの【使用コスト】を払わなくてよい。
■【使用コスト】ゲージ2を払う。
■カード3枚を引く。その後、君の手札2枚を捨てる。「友情のパズル」は1ターンに1回だけ使える。

「友情のパズル 」の評価・解説などを表示
〈レジェンドW〉の手札交換魔法。
そのまま使っても「竜雲月露」と同等のスペックだが、「大魔法」が『設置』されていればゲージが不要になる。
「大魔法」の『設置』魔法は公式アドバイスにある「アポカリプス」「レナーフ」の他には「ヴァルハラの崩壊」「フィンブルの冬」があるが、手札を減らさずに回復するセットとして使われる事もある前者2つには実用面では劣る。

「イング・ガルド」と違って【使用コスト】では手札を捨てないため、打ち消されても失うのはゲージだけで済む。

ディザスター・パレス
ディザスター・パレス (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
ドラゴン/強化



■ファイト開始時に選んだ君のフラッグが「デンジャーW」か「レジェンドW」か「ダークネスドラゴンW」か「ドラゴン・アイン」なら使える。
■【対抗】カード1枚を引き、次の2つから1つを選んで使う。「ディザスター・パレス」は1ターンに1回だけ使える。
・君の場のアイテム全てをスタンドする。
・そのターン中、相手の場のカード全ては連携攻撃できない。

「ディザスター・パレス 」の評価・解説などを表示
〈デンジャーW〉・〈レジェンドW〉・〈ダークネスドラゴンW〉・〈ドラゴン・アイン〉の4フラッグで使用可能な、キャントリップ付きの【対抗】魔法。
ドローしつつ、
・アイテムを全てスタンド
・そのターン中の連携攻撃を封じる
のうち一つを行える。

公式アドバイスの通り〈ドラゴン・アイン〉とはシナジーがあるが、他のワールドでは連携攻撃を封じる旨みが少ない。アイテムをスタンドさせるだけの魔法になってしまい、使う状況が限られがちなのがネック。
ただ、使用条件のない【対抗】のキャントリップなためデッキの枠がもし余っているならそこを埋めるのに使える他、属性指定が無いのを活かして「レヴァンティン」デッキで使ってアイテムを大量スタンドさせる手もある。イラストの先入観に囚われず、自分が使っているデッキでアイテムスタンドや連携封じができたら嬉しいかは是非考えてみたいところ。

なお、残念ながら『キョウヤフォーエバー』デッキを構築できる〈ダンジョンW〉では使用できない。ここに映っていないディザスターのキャラは基本的にワールド被りのためそちらでも相性はともかく使用可能だが、その『キョウヤフォーエバー』での属性から、使用ワールドがおそらく〈ダンジョンW〉と思われる花薔薇エルフ先生に関してはどうしても仲間外れになってしまう。

Lite of Destiny
Lite of Destiny (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
黒竜/呪竜/ゲット



■君のデッキの上から1枚をゲージに置き、君のデッキから打撃力2以下のカード名に「アビゲール」か「ゲイル」を含むモンスター1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。「Lite of Destiny」は1ターンに1回だけ使える。

「Lite of Destiny 」の評価・解説などを表示
《黒竜》と《呪竜》で使える魔法!
ゲージ+1した後に打撃2以下の「アビゲール」「ゲイル」をサーチ!
打撃力3の必殺モンスター系「アビゲール」や「黒翼魔王 アビゲール」はサーチできないのに注意。(前者はともかく後者をサーチする機会はないと思われるが……)
元々は「逆天の黒死竜 アビゲール」をサーチできないようという意図のデザインと思われるが、そちらは7/23に完全に限界突破してしまった。
「ゲイル」の方は打撃力3以上のものは存在しないため気にせず使える。

ミライ・パレット
ミライ・パレット (「リバイバルバディーズ」)
ジェネリックW
バディ/強化



■【使用コスト】ゲージ1を払う。
■【対抗】このカードを君の場のバディ1枚のソウルに入れる。入れたら、カード1枚を引く。
■このカードが君のバディのソウルにあるなら、そのカードの攻撃力+5000、防御力+5000し、『ソウルガード』を得て、相手のカードの効果で、破壊されず、場を離れず、レストされない。

「ミライ・パレット 」の評価・解説などを表示
バディのソウルに入れて使用する汎用的な〈ジェネリック〉魔法。さしずめ「アルティメット・バディ!“Re:B”」とでも言ったところ。
【対抗】でバディのソウルに入れつつドローでき、ソウルでは『ソウルガード』と耐性付与・ステータス上昇をしてくれる。
カード効果による破壊とすべての除去・レストを防いでくれるので、「“Re:B”」など一枚のカードへの依存度が高いデッキでは嬉しい。

また、指定が“バディモンスター”ではなく“バディ”のため、バディにできるアイテムや『変身』『搭乗』した後のバディにも入れられる。

なお、バディにできるアイテムはいずれも防御力を持たないため、このカードをソウルに埋めても防御力+5000の効果は発揮されない。
“防御力が0のカード”と“防御力を持たないカード”はそれぞれ別物。

幸せの太陽
幸せの太陽 (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ヒーローW
雷帝軍/ヒーロー



■君のターン中、君の場に《雷帝軍》か《ヒーロー》があるなら使える。
■【対抗】君のデッキの上から2枚をゲージに置く。その後、君のゲージ全てを見て、その中のカード1枚までを手札に加える。「幸せの太陽」は1ターンに1回だけ使える。

「幸せの太陽 」の評価・解説などを表示
〈ドラゴンW〉〈ヒーローW〉の《雷帝軍》《ヒーロー》向けデュアル魔法。
指定属性がないとキャストできないが、【対抗】でゲージ+2した後にゲージの中から好きなカードを手札に加えられる。
《ヒーロー》は意外にも多く、「鏡界戦士 J“ジェムクローン・オリジンマント”」「“BPエージェント”黄金星竜 ジャックナイフ」なども該当する。《雷帝軍》に関しては〈竜牙雷帝〉以外では《戦艦》デッキでも使用が可能ではある。

ホープ トゥ ライブ
ホープ トゥ ライブ (「リバイバルバディーズ」)
ダンジョンW/レジェンドW
召喚



■お互いのアタックフェイズとファイナルフェイズ中に使える。
■【使用コスト】ゲージ1を払い、ライフ1を払う。
■【対抗】君のドロップのカード名が違うサイズ2以下の《ワイダーサカー》か《Dエネミー》のモンスター合計2枚までを選び、【コールコスト】を払って、別々のエリアにコールする。「ホープ トゥ ライブ」は1ターンに1回だけ使える。

「ホープ トゥ ライブ 」の評価・解説などを表示
〈ダンジョンW〉の《Dエネミー》・〈レジェンドW〉の《ワイダーサカー》の双方で使える【対抗】コール魔法で、アタックフェイズ・ファイナルフェイズに別々のサイズ2以下をドロップから2体コールできる。
公式アドバイスにあるように、「魔の図鑑 ユニデオン」等の“条件に合ったカード全てにそのターン中効果を及ぼすカード”は、その効果の発生後に出たカードに対しても有効なのは覚えておきたい。

なお、《冒険者》を併用するいわゆる“混合ダンジョン”デッキで用いる際は、《冒険者》が対象外なのに気をつけよう。

レジェンダリー・キックオフ
レジェンダリー・キックオフ (「リバイバルバディーズ」)
レジェンドW/スタードラゴンW
召喚



■【使用コスト】ライフ1を払う。
■【対抗】次の2つから1つを選んで使う。「レジェンダリー・キックオフ」は1ターンに1回だけ使える。
・君の場のカード1枚を選ぶ。そのターン中、選んだカードの攻撃で相手のモンスターを破壊した時、選んだカードをスタンドする。
・君の手札かドロップのアイテム1枚を【装備コスト】を払って装備する。

「レジェンダリー・キックオフ 」の評価・解説などを表示
〈レジェンドW〉と〈スタードラゴンW〉で幅広く使えるデュアル魔法。
【対抗】で
・場のカード1枚を、モンスターを倒すたび何度でも再攻撃できる状態にする
・手札かドロップにあるアイテムを【装備コスト】を払って装備する
のうち1つを行える。
イラストではケイセツとカナタが描かれているが、他のデッキでもまったく支障なく使用できるのは嬉しい所。

対モンスター無限攻撃付与は相手次第ではかなり刺さるため、環境を読んでのメタカードとして役に立つ。もう一つの効果もあるため腐ってしまった状況でも無駄にはなりにくい。
使う状況をある程度選ぶカードではあるものの、どのデッキでも差し支えなく使えるのは嬉しい所。

双極の心
双極の心 (「リバイバルバディーズ」)
ドラゴンW/ダークネスW
ドラゴン/召喚



■【使用コスト】ライフ1を払う。
■【対抗】君のドロップのサイズ2の《武装騎竜》1枚を、【コールコスト】を払って君の場の《武装騎竜》のモンスター1枚までの上に重ねてコールする。コールしたカードがカード名に「ジャックナイフ」か「ディミオス」か「オルコス」を含むカードなら、そのターン中、そのモンスターの攻撃力+30000、打撃力+1!「双極の心」は1ターンに1回だけ使える。

「双極の心 」の評価・解説などを表示
ドロップの《武装騎竜》を【対抗】コールする〈ドラゴンW〉〈ダークネスドラゴンW〉のデュアル魔法。
サイズ2の《武装騎竜》を場の《武装騎竜》に重ねてコールでき、それが「ジャックナイフ」「ディミオス」「オルコス」なら攻撃性能が一回りアップ。

コール対象のサイズ指定はちょうど2であり、サイズ2“以下”等ではないのに注意。
また、ステータス上昇が得られないだけで無関係なモンスターもコール可能なのは覚えておきたい。






「「リバイバルバディーズ」」を検索


2020-08-11 20:15:43




 レッツ バーディ!から記事を探す :カードリスト 

レッツバーディ!記事検索
  この記事の一番上に戻る : Pagetop



レッツバーディ!!最新記事




他サイト様最新記事


      2020-05-31 19:46

コロコロの情報海外の公式サイトに載ってましたけど載せなくていいんですか?

      2020-06-01 23:10

タヌキGレアなの何度見ても笑う

      2020-06-16 12:45

>一部収録カードのカードナンバーが「S-SP03」ではなく「S-SP04」表記にて収録しております。こちらは本来S-SP04に収録予定のカードでしたが、商品展開の終了に伴い、急遽S-SP03に収録させて頂きました。

これ少なくとも開発スタッフはまだ続ける気があったってことか?

      2020-06-16 22:48

貴重なカタナwのGレア枠タヌキに取られたとか草
斬月にしろよ

      2020-06-17 19:48

※3
ただ単に開発も頑張ってるアピールしてるだけだったりして

      2020-06-18 04:53

それだけのためにそんな面倒なことするかな…?

      2020-07-05 23:25

デスタリカが居ない…

      2020-07-06 01:13

トイレの花子とオゾンBまだかいな

      2020-08-07 15:27

結局デンジャーは3年間特殊レアリティ貰えないままサ終か
2期以降も出番あった1期の男キャラは軒並みスーパー貰ってるのにロウガだけ露骨にはぶってるあたり本気で開発はデンジャー嫌いだったんだろうな

      2020-08-08 15:31

スーパーレアどれもかっけえな。バルが特に好き

      2020-08-11 01:02

※9
おう、海道としっかりファイト回あったゲンマ先輩のこと忘れてんじゃねえぞ

      2020-08-11 12:47

ゲンマは単独で魔法貰ってるんだよなぁ
ロウガはデンジャーじゃほぼ使い道のない抱き合わせカードに無理矢理押し込まれてるだけ

      2020-08-11 21:52

年下に喧嘩売っておいて1ターンキルされるなんて小物ムーブかますような奴なんて今更需要あるまい

      2020-08-28 13:27

タヌキ結局Gレアから落とされてて草

      2020-08-29 11:55

まあ元々次次パックのカードだからまだサンプルくらいしか刷ってなかっただろうし……
というかレア度落ちてるだけならマシな方で、収録予定だったけど消されたカードも多そうなんだよな……一部はPRパックで出されるだろうけど

      2020-08-29 12:02

ん?いや待てよ、元のカードNo.的にデカたぬきは次パックのGレアか

コメントの投稿

交流スレ
最新情報チェック!
最新記事
人気ページ(7日)
最新コメント
カウンター
アクセスカウンター
総PVカウンター
アクセスランキング
人気ページ(30日)
カテゴリ
リンク
    HPリンク
  • 公式サイト
  • バディファイトWiki


  • レッツバーディ!連絡リンク
メールフォーム
公式のが調子悪いのでここに直接メール下さい
ariaru☆hotmail.co.jp(☆を@に)

レッツバーディ!では相互リンクを募集中!
バディファイトに関するブログなら誰でも
リンク2
アンテナ・ランキングサイト
別記事に移動しました。
こちら
検索フォーム