article,aside,canvas,details,figcaption,figure, header,footer,main,menu,nav,section,summary { display: block } 【神バディファイト】「SSSS.GRIDMAN」優勝デッキレシピまとめ!&解説・考察 | レッツバーディ!! | バディファイトまとめサイト!
駿河屋 楽天 amazon ヤフオク  
公式サイト 一番上に戻る

【神バディファイト】「SSSS.GRIDMAN」優勝デッキレシピまとめ!&解説・考察 2019-11-08 21:19









SSSS.GRIDMAN
・11/8更新 SSSS.GRIDMAN
グリッドマン
・11/8更新 グリッドマン
怪獣
・11/8更新 怪獣


SSSS.GRIDMAN


SSSS.GRIDMAN



ウルトラマンの会社が制作した特撮番組『電光超人 グリッドマン』を原作とする、アニメ『SSSS.GRIDMAN』とコラボしたクロスシリーズ。巨大ヒーロー「グリッドマン」に『変身』したり、巨大な《怪獣》を操ったりして戦う事ができる。
片方のデッキ専用のカードが多く、[グリッドマン]デッキ向けのカードを《怪獣》デッキで使ったり、その逆はかなり難しい。
他の姿に変化するキャラクター・複数人で力を合わせて真価を発揮するキャラクターが多いためか、それらを再現するためにカード名を指定してのサーチがかなり多めになっている。
現状では他のクロスシリーズのように「僕らの環境(せかい)が何者かに侵略さ・れ・て・る・ぞ!」……という程には環境を席巻していないが、構築上まだまだ未知数な点もあるのでどう化けるかに期待。
なお、タイトルのSSSS.は発音せず、『SSSS.GRIDMAN』と書いて『グリッドマン』と読む。

11/8更新 「SSSS.GRIDMAN」デッキのよく使われるカード・相性のいいカード解説・考察


夢のように想う世界
無償でゲージを増やしつつ手札を整えられる強力イベント。
デッキの上から3枚を見て、その中から好きな1枚を相手に見せずに手札に加え、残りをゲージに置く。ドロップに落としたいカードが入っているなら、それをゲージに置いたときは覚えておこう。そこのゲージを払う事でドロップに落とせる。
[宝多六花]か[新条アカネ]がいるならライフが回復する追加効果があるとはいえ、それらがいない時にも勿体ないからと渋らずに割り切って使ってしまおう。




六花の願いごと
ライフを払わないといけないが、手札を整える2つの効果から選んで使えるイベント。
『設置』をサーチする効果では、「JUNKSHOP絢」や「怪獣作成」などを持ってこられるため、『設置』のカサ増しに使える。また、初期ゲージに埋まってサーチできないリスクもあるため一概には言えないが、同じ『設置』を4枚入れるよりは1枚をこのカードにした方が使い分けが利く。この事はサーチ全般に言えるので、覚えておいて損はない。
【対抗】でのドロー&効果ダメージ耐性効果は、単純にこのカードを他のカードに引き換える事ができるので、必要な『設置』が揃った後も無駄がない。また、”減らされない”ダメージも防げるのは覚えておこう。




アンチ(人間態)
【対抗】で、相手の能力をコピーできる怪獣「臥薪嘗胆怪獣 アンチ(怪獣態)」か妨害・サポート向けのヒーロー「グリッドナイト」のどちらかを出す事ができる。ただし、その能力に【対抗】してこのカード除去されてしまうと”置いたら~”を満たせず不発してしまうのには注意。




追憶の中で
手札を整えられるイベント。
3枚ドローした後に2枚捨てるが、このカードも手札から消費されているため、手札の枚数は増えていない。ドロップから『変身』・コールする予定のカードなど、手札に残しておくメリットが少ないカードを捨てられれば実質的に使えるカードの枚数が増えるので工夫して使いたい。
ゲージ2は重いが、[宝多六花]か[新条アカネ]がいるなら払わなくて済む。(あえて払う事も可能。)




それぞれの、やるべきこと
デッすりキ内のキャラをドロップに置いてゲージを増やすか、場のカードを強化するかできるイベント。
効率はあまりよくないが、落としたキャラを「お前は怪獣じゃない」で回収する事で疑似的にサーチも可能、




プラグ引っこ抜き
ダメージを防ぐことに特化した防御イベント。
攻撃・カード効果を問わず次のダメージをー3するか、4回目以降の攻撃ダメージをシャットアウトする(”ダメージを減らされない”攻撃も防ぐ)かできる。
後攻であれば1ターン目に合計10ダメージ以上を叩き出すのは容易なゲームなので、こういった防御カードは非常に重要。
例えば、[グリッドマン]デッキなら「マックスグリッドマン」など何かしらの強化形態に『変身』できれば、《怪獣》デッキなら「アレクシス・ケリヴ」と「幽愁暗恨怪獣 ヂリバー」を出せば、それだけで10ダメージは出せてしまう。条件はお互い同じなので、何かしらの防御手段はないと僕らのSOSが加速してしまう。




お前は怪獣じゃない
ドロップのキャラを回収できるイベント。別々のカード名のもの2枚までを選べる。
キャラ名ではないので、「グリッドマン」と「フルパワーグリッドマン」の2枚……なんて選び方も可能。能力で捨てた《新世紀中学生》を再利用するのもいい。
両方のデッキで使えはするが、どちらかといえば《怪獣》よりは見た目に反して[グリッドマン]と好相性。「継がれたガラス玉」と逆では……?




スペシャルドッグ
ハンデスへの対策カード。
相手に手札を捨てさせられる時に相手に見せてライフを払う事で、防ぐ事ができる。このカードは手札に残るので、何度でもライフを身代わりにできる。
また、2枚目以降やハンデスをしてこない相手に対しては普通に【対抗】のイベントとしても使える。
ゲージとライフを増やすか、相手キャラのソウルを抜ける。どのソウルを捨てるかはこのカードを使った側が選ぶのに注意。
消極的なカードではあるので、ハンデスがどれほど流行しているかを吟味して使おう。




神様の話
ドロップのキャラを3枚戻すという、重いと言えば重い特殊なコストで使用できるイベント。
ゲージとライフを増やすか、場のカードをスタンドするかできる。コストを単なるコストではなく「デッキの枚数を回復してデッキ切れを防げる」「サーチ能力が不発しないように特定のキャラをデッキに戻せる」など、メリットに転化したいところ。
「宝多六花」「内海将」の能力はどちらも能力名でのターン1回制限があるので、このカードでスタンドしても意味はないのに気を付けよう。




覚醒
デッキ枚数を回復してデッキ切れを防げるリセットカード。
ドロップすべてをデッキに戻しつつ、ゲージを+2・ライフを10に変更する。回復ではないためライフ回復を禁じられていてもライフを10にできるが、ライフがそれより多くても問答無用で10まで下がってしまうのには気を付けよう。
使用したこのカード自体はデッキに戻らずドロップに落ちるので間違えないようにしたい。




追い詰められた心
ライフ5以下ならタダで使える、防御系の妨害イベント。
場のカード2枚までを破壊かレストできる。
破壊は防御としては頼りないこともあるため過信しないようにしたい。



二人だけの思い出
場のカードを守るのに特化した『設置』イベント。
ソウルを捨てられなくなるほか、左右のキャラが攻撃されなくなる。(全体攻撃系も防げる)
また、余った手札を防御カードに変換する事もできる。
とはいえ、『設置』したターンにはあまり役に立たないので、デッキの安定性は下がってしまうのがネック。




グリッドマン


グリッドマン



巨大ヒーロー・[グリッドマン]に『変身』し、さらにサポートメカ・《アシストウェポン》と合体する事でパワーアップ!
ライト・レフトに出すキャラの選択肢がかなり絞られてしまうため、変身している[グリッドマン]を攻撃・スタンド不能にされてしまうとかなり辛いのが弱点。
なお、”電光超人”の方の「グリッドマン」デッキは構築が特殊になると思われるため、入賞時には別カテゴリとして掲載予定。

11/8更新 「グリッドマン」デッキのよく使われるカード・相性のいいカード解説・考察


グリッドマン(プライマルファイター)
[グリッドマン]の初期形態。このカードに『変身』する事が全ての起点となる。「響裕太」「アクセスフラッシュ」からサーチ可能。
別途「プライマルアクセプター」が必要。




プライマルアクセプター
「グリッドマン(プライマルファイター)」への『変身』に必要不可欠な変身アイテム。このカードがソウルにある限りは『変身』しているカードが除去される心配はない。
ただし、”相手の場のカードのソウルを捨てる”などでこのカードが抜かれてしまうと脆いので、「内海将」に守ってもらおう。
このカードをサーチできるのは「響裕太」だけなので、裕太でのサーチではこちらを優先したい。




響裕太
「グリッドマン(プライマルファイター)」か、その『変身』に必要な「プライマルアクセプター」をサーチできる。
さらに、『変身』した時に場にいるなら、[グリッドマン]のソウルに入れることで手札交換ができる。この能力だけで見れば使えるカードの総量は減っているものの、総合的に見れば損はしていない。




アクセスフラッシュ
好きな[グリッドマン]をサーチするか、『変身』している[グリッドマン]をスタンドするかを選べるイベント。
「グリッドマン(プライマルファイター)」への『変身』にも役立つ。




宝多六花
手札を増やしつつ[グリッドマン]にレスト耐性を付与してくれるキャラ。引きすぎてしまった「グリッドマンキャリバー」などを戻すのも手。
ドロー能力はかなり強力だが、他の《グリッドマン同盟》か[グリッドマン]がいなければ使えないのには要注意。




内海将
手札を整えてゲージを増やしつつ[グリッドマン]にソウル抜き耐性を付与してくれるキャラ。
こちらの能力も他の《グリッドマン同盟》か[グリッドマン]がいなければ使えないのには要注意。




ボラー
手札から捨てて能力を発動する《新世紀中学生》のひとり。
《アシストウェポン》の「バスターボラー」・強化形態の「バスターグリッドマン」1枚ずつをサーチするか。そのターン中のダメージすべてをー1できる。

なお、これに対して打撃力2のカード3体がバラバラに攻撃してきたら合計ダメージは(2-1)×3=3だが、
3体で連携攻撃してくると6-1=5と大幅にダメージが変わるので、このカードを使う側も相手する側も気を付けよう。




バスターボラー
グリッドマンと合体する《アシストウェポン》のひとつ。
《アシストウェポン》共通の、【対抗】で対応した強化形態に『変身』する能力に加えて、それでソウルに埋まった後はダメージ軽減を無視できるようになる。
「ボラー」1枚で「バスターグリッドマン」とこのカードを一気に調達できる。




バスターグリッドマン
グリッドマンの強化形態のひとつで、「バスターボラー」と合体した姿。
カード破壊しつつゲージを奪う妨害能力や攻撃性能など、諸々のバランスがいいため、他の強化形態抜きでこのカードのみ採用したデッキも散見される。
「ボラー」1枚で「バスターボラー」とこのカードを一気に調達できる。




11/8更新 「グリッドマン」デッキの優勝デッキレシピまとめ










Pick Up !


新条アカネ
サーチ対象は[アレクシス]か《怪獣》なので、「アンチ(人間態)」や「怪獣少女アノシラス(2代目)」はサーチ可能。アンチを2枚積むよりは1枚をこちらに散らした方がいいというケースもあるが、初期ゲージなどで呑み込まれてしまった場合に気を付けよう。








怪獣


怪獣



サイズ4の《怪獣》たちを操って戦うデッキ。
サイズを縮める「アレクシス・ケリヴ」がいなければ戦力になるキャラを並べられない点・全体的に除去耐性が脆い点が弱み。

11/8更新 「怪獣」デッキのよく使われるカード・相性のいいカード解説・考察


新条アカネ
怪獣を場に置けるようにする[アレクシス]か主力となる《怪獣》をサーチできる重要カード。アタックフェイズ中、自身の能力で無駄なく手札に戻せるので、空いたエリアに「アレクシス・ケリヴ」の能力で新たに怪獣を出してやろう。




アレクシス・ケリヴ
《怪獣》をサイズダウンして場に並べられるようにしてくれるキャラ。
《怪獣》がいる内は攻撃でもカード効果でも破壊されないので、相手はまず怪獣を倒す事になる。ただし、バウンス等は効いてしまうので注意。
「新条アカネ」「インスタンス・アブリアクション」でサーチ可能。




インスタンス・アブリアクション
[アレクシス]をサーチするか、【対抗】でドロップの《怪獣》をコールするかできるイベント。
必要不可欠な「アレクシス・ケリヴ」を用意するにも、その後の戦いでも役に立つ重要カード。




怪獣作成
《怪獣》の【コールコスト】を減らしつつ、毎ターン1回だけ《怪獣》を出した時にドローと回復ができる。『設置』イベント。
さらに、致命的になる《怪獣》[アレクシス]への能力無効化も防いでくれる。




有象無象怪獣 バジャック
ドローしつつ相手カードの能力を無効化してレストで攻撃を封じられる《怪獣》。
攻撃を防ぐだけでなく、場のカードの能力が発動した時にそれに【対抗】で能力無効化を打ち込めば実質的に打ち消すことができる。




因果応報怪獣 デバダダン
効果ダメージを反射できる《怪獣》。
『貫通』も効果ダメージなので、防御カードを使うのと同じタイミングでこの能力を使えばそのダメージも跳ね返せる。




捲土重来怪獣 メカグールギラス
アタックフェイズ中限定で、相手カードの能力を無効化しつつ破壊できる《怪獣》。
「有象無象怪獣 バジャック」と同様に、誘発済みの能力を潰す事も可能。




11/8更新 「怪獣」デッキの優勝デッキレシピまとめ


























2019-11-08 21:19:37




 レッツ バーディ!から記事を探す :デッキ紹介 

レッツバーディ!記事検索
  この記事の一番上に戻る : Pagetop



レッツバーディ!!最新記事




他サイト様最新記事


      2019-11-08 22:32

怪獣軸でも違いがあるのか…興味深いな。揃えても安いし。

      2019-11-10 14:21

今更だけど、グリッドマンの特殊レアリティって20種類以上あるけど箱に1種確定なの?カートンに何枚なの?
もしそうじゃ無かったらヴァイスのパンドリ並にクソなパックでしょ(特殊レアリティが)

      2019-11-11 20:40

このコラボワールドのせいでヒーローワールドの追加が無くなったんだと思うと本当に許せんわしかも属性も被ってる奴もいるし最初からヒーローワールドとして出せば良かったのに

コメントの投稿

交流スレ
最新情報チェック!
最新記事
人気ページ(7日)
最新コメント
カウンター
アクセスカウンター
総PVカウンター
アクセスランキング
人気ページ(30日)
カテゴリ
リンク
    HPリンク
  • 公式サイト
  • バディファイトWiki


  • レッツバーディ!連絡リンク
メールフォーム
公式のが調子悪いのでここに直接メール下さい
ariaru☆hotmail.co.jp(☆を@に)

レッツバーディ!では相互リンクを募集中!
バディファイトに関するブログなら誰でも
リンク2
アンテナ・ランキングサイト
別記事に移動しました。
こちら
検索フォーム