article,aside,canvas,details,figcaption,figure, header,footer,main,menu,nav,section,summary { display: block } 【バディファイト】k デッキ紹介記事「サイズ3魔王型ダンジョン」! | レッツバーディ!! | バディファイトまとめサイト!
駿河屋 楽天 amazon ヤフオク  
公式サイト 一番上に戻る

【バディファイト】k デッキ紹介記事「サイズ3魔王型ダンジョン」! 2015-06-18 19:10




デッキ紹介記事「サイズ3魔王型ダンジョン」!



今回はライターの方にデッキ紹介記事を書いていただきました
管理人の雑な紹介とは一味違います!







サイズ3ダンジョン

ウルトラ!必殺パックが発売して早一週間、皆様バディファイトを楽しみでしょうか?
今回は、ウルトラ!必殺パックにて大幅強化されました、ダンジョンワールドのデッキを紹介したいと思います。
ダンジョンワールドといえば、テツヤやドラム、そして今回強化されたタスクやノボルといったアニメキャラがカード化された冒険者たちが大暴れするデッキをよく見かけます。しかし、ダンジョンワールドの魅力はそれだけじゃない!魔王になりきって戦うことだってできるんだぜ!と思っている方も多いことでしょう。(そして、そういう人は勇者のくせになまいきだをプレイしているに違いありません)
今回はそんな魔王を愛してやまない方たちのためのデッキレシピを考えてみました。それでは、とりあえずレシピをご覧ください。

デッキレシピ


バディ 魔法要塞 オーサー・クラインツ


と、こんな感じです。色々突っ込みどころがあるとは思いますが、このレシピはとりあえず最初に思いついた形で、いわば試作機です。しかし、大枠の戦い方は変わりませんので、まずはこのデッキの基本的な動きを見ていきましょう。

デッキ詳細





地獄の番竜 レッド・アロガント
攻撃力10000、防御力5000、打点2!
そして、2回攻撃と、ハンドを2枚捨てることによる焼き能力!
おそらくこのカードで制圧できない盤面など、そうそうないのではないでしょう。
(たとえ、ソウルが2枚あるフォースアームズがいたとしてもね。)
メテオレインの同僚ともいえるこのカードは、まさにS3ダンジョンの花形。
今までのメテオレイン軸のフィニッシュカードの少なさ、攻撃回数の少なさ両方を一挙に解決してくれるカードです。
ドラゴエナジー等のコンバットトリックを構えていても、防御7000以下の敵は完全に無力化します。
また、対抗の焼き能力も優秀で、相手の攻撃に合わせての焼きや、こちらから攻撃した時に神斬魔神 天之尾羽張や、我道竜王 オニストリートのようなモンスターをダークエナジー・逆鱗等などで守ろうとされた際に、対抗で除去するなど、さまざまな役割があります。
ただし、メテオレインと違いソウルガードは1枚なので注意が必要です。



デスマスター レラグ・モナーク
レッドアロガントが花形だとしたら、こいつは影の主役。
登場時にドロップから2体モンスターをコールコストを踏み倒してコールできるので一瞬にして盤面を整えることができます。
また、防御力も7000と高く、モンスター単独での突破はかなりむずかしくなります。
貫通をもっているため、相手は移動しにくく、登場したターンならば、相手に確実に移動して貫通をうけるか、移動せずに最大
7点もの火力を盾で防ぎきるかの選択を迫らせることができます。
ダンジョンワールドのサイズ3のモンスターには珍しくソウルガードを持っていませんが、ドラゴントゥースウォーリアーを
コールできれば、実質ソウルガード2のような動きができるのもグッドです。
ライフリンクは2と軽めなので、コールしたドラゴントゥースウォーリアーで守らず後続のS3につなげても強いかもしれません。



機動魔王 アゴス・マー
サイズ0魔王。レストすることで、ドロップから「コンストラクト」をもつモンスターを「コールコストを払わず」コールすることができます。
なんだかわくわくする能力。無限の可能性を感じます。ソウルガードもちのモンスターをコールすると、ソウルが入らないため、少し弱体化するのが難点。
ライフリンク1を持っているものの、防御力5000あり、(おそらくは)ライトかレフトにいるこいつに攻撃するタイミングはほとんどないでしょうから、あまり気にしなくていいかもしれません。
むしろ、自分で圧殺してダメージを受けることのほうが多そう。
ジェイドゴーレム・シャイターンをドロップからコールして、1点ゲインする装置になることができる!と考えて今回は投入。



ドラゴントゥース・ウォリアー
擬似ソウルガードカード。コールコストが1ゲージ必要であるものの、非常に有能なサイズ0
パワーが3000あり、打点も1あるという、最低限のしごとはこなせるスペックの持ち主です。
擬似的なソウルガードであるかわりに、どのサイズ3も守ることができるという万能っぷり。
(ただし、破壊はされているので注意してくださいね)
あくまでモンスターであるので、除去には注意が必要。


ブロンズゴーレム ジャイシュ
パワー2000打点2。豆柴 コボルトのスペック反転カード。コボルトよりパワーが1000高いだけですが、
その1000に泣きを見たダンジョンプレイヤーは少なくないはず。みんなが待ち望んでいたバニラカード。見た目以外は。


ヒドゥン・クロスボゥ
防御3000以下を焼くカード。センターが埋まっていても使えるのがすばらしいですね。
ディミオスソードもなんのその。相手の連携にあわせてこのカードを打てれば最高の動きができますが、ドラゴエナジーや、正義は必ず勝つ!のような
コンバットトリックを対抗で打たれるとフィズること(対象がとれなくなり、カードの効果が解決されることなくドロップへ送られること)になってしまいますので、
時には欲張らず、移動後のタイミングでキャストしてしまいましょう。


とまあ、このあたりが新弾から参入するカードたちであります。では、次は立ち回りを見てみましょう。


STRATEGY


基本戦術はいたって単純。デカイモンスターをセンターにたてて、その配下のモンスターをよこに並べるだけ!
では、どうすれば、魔王よろしく(よりやっかいに)相手プレイヤーを打ち倒すことができるのでありましょうか。

立ち回り1
極力モンスターを大切に!
さて、景気よく大きなモンスターをぽんぽん並べるこのデッキですが、当然ながらゲージ消費が非常に激しいです。単純にかんがえて、1体のモンスターを出すのに2ゲージかかっているわけですから、最低でも1ターンの間的の攻撃をしのいでくれなければゲージが枯渇して、即GAMEOVERとなります。
では、どうすればモンスターを守ることができるか考えて見ましょう。
1.シャルサーナの加護で守る。
2.ヒドゥン・クロスボゥで相手のモンスターを除去し、攻撃力を不足させる。
3.ドラゴントゥースウォーリアーで守る。
4.フォーチュンシールドで防御力をあげる。

の4つが考えられます。さてここで大切なのは4つも守るパターンあるじゃん!
ということではなく、その半分がゲージを消費してモンスターを守っているということです。
つまり、どういうことかといいますと、「ゲージを払ってモンスターを守っても、次のモンスターのためのゲージはたまらない」ということです。
このことは大きな欠点となり、これをどのようにケアするかがサイズ3ダンジョンの大きな指針となります。

今回のレシピに入っているサイズ3はメテオレイン・レッドアロガント・レラグ・モナーク・デウクルーザの4種です。
メテオレインはソウルガード2ですが、防御4000と低めで、過信はできません。
レッドアロガントも5000とメテオレインよりは高いものの武器の前では完全に沈黙することとなります。
レラグモナークは防御7000と高く、ソウルガードはないものの、ドロップからドラゴントゥースウォーリアーなどをコールできることも考えれば、非常に守りやすいです。
デウクルーザは防御7000の上、ソウルガードもあり、かなり安定感が高いです。このことから、レラグモナークや、デウクルーザで凌ぐプレイングが求められるときがあると覚えておきましょう。


立ち回り2
先行1ターン目の動き。
先行1ターン目は二回攻撃や貫通が無駄になりやすく、非常につらいです。
かといって、適当なサイズ0を構えると返しのターンで貫通や、ブーメランドラゴンからはじまる孟攻撃を受ける可能性があります。相手がダークネスドラゴンワールドであったり、手札がギリギリでないとき意外は極力サイズ3を立てるのが吉でしょう。
一番いいのは魔王城の番竜デウクルーザです。打点3あり、攻撃に関するキーワード能力をもっていないので、ただ単に1回攻撃して何もスキルの無駄遣いせずターンを終えることができます。(1ターン目に2回攻撃を持つモンスターをだして、一回しか攻撃できないと、損した気分になりますよね?)
手札に「魔王や破壊」を持つカードがあれば、それをチャージアンドドローの際にゲージに埋めることで、回収能力を使い、擬似的にハンドを増やすことも可能です。ヒドゥン・クロスボゥも破壊を持っているのがGOODですね。



立ち回り3
後攻、もしくは中盤以降はガンガン3面展開して攻撃していきましょう。
防ぎにくい高いパワーのモンスターから繰り出される貫通や、二回攻撃で相手のセンターをこじ開け、頭でっかちなサイズ0でセンターをたこ殴りにして差し上げましょう。



基本戦術は上記の通りですが、その他のカードの解説を簡単に。

オーサークラインツ
Dエネミー単色のデッキにオーサーだけつめば、一枚目を除き、確実に起動できるのでは!?これが新しいオーサーシステムだ!と思い、投入。完全に机上の空論であります。
うまくいけばコーシャーのような動きが取れるかも。

シシリアの魔法解除
武器や設置割りに。ゲージが少し重いかもしれません。破壊を持っているので、デウクルーザで回収もできます。

魔王のダンジョン
恒久的なアドバンテージを取るカード。
2体連携したあとに、横のモンスターを倒す動きを絶対されるはずなので、そのケアに。こちらもデウクルーザで回収できます。

ドミニオンロッド
防御力の底上げ+サイズ0の攻撃力の底上げ。何かと便利なカード。こちらもデウクルーザで回収できます。デウクルーザ強い。

ダメージコントロール
モンスターを盾で守りたいため、単純な打点はこれで軽減したい。ライフリンクも軽減できるので便利。手札からすてたサイズ0は魔王のダンジョンや
レラグ・モナークの餌にどうぞ。


Try And Error


さて、上記のレシピを今上げた立ち回りを意識して、何度かまわしていった結果、予想通りの動きをしたカード、期待以上の動きをしたカード、思ったよりかみ合わなかったカードなど、必要なものと不必要なものが見えてきます。
今回は、そのトライアンドエラーの結果をまとめてみました。

思ったよりかみ合わなかったカード達

1.オーサークラインツ
さすがにサイズ3デッキでゲージとハンド確保のために、サイズ2を出すタイミングはなかなかありませんでした。残念ながらオーサーシステム(仮)は完全に机上の空論でありました。
残念・・・

2.アゴス・マー
サイズ3デッキでは意外とリアニメイト(蘇生)するカードがありませんでした。
シャイターンでライフを回復できるので、強いタイミングがあると思っていたのですが、アゴス・マー(レスト済み)・シャイターン・何かしらのサイズ0の盤面だと攻撃力が低すぎて、ハルバードドラゴンすら突破できないような盤面になりがちでした。
サイズ0がジャイシュしかリアニメイトできないのがつらい・・・この子には、ゴーレムデッキで活躍してもらいたいと思います。

4.豆柴 コボルト
ジャイシュがいるのになぜか枚数を散らして入れていたこのカード。安定性を図るために抜きました。あえてね。
完全に好みなので、必ずしも抜く必要はないとも思います。かわいいし。

3.シシリアの魔法解除
ゲージ2なんて打てるわけがないんです。

上記のことを踏まえて、新しく組みなおしたレシピが以下の通りです。

調整後のレシピ



バディ4 ドラゴントゥース・ウォリアー




変更点
動きが強かったサイズ3のレッドアロガント、デウクルーザの枚数を増やしました。
また、ドラゴントゥースウォーリアーはどのサイズ3が居るときでも出すタイミングが有るので4投入。バディにしました。
追加されたカードは以下の理由です。

1.魔王ジョーカー グルンワルド
間を持たせるために、魔王なので、デウクルーザで回収でき、ドミニオンロッドの恩恵をうけられ、ソウルガードのあるこのカードを投入。
1点回復して、一回攻撃をふせぐシャイターンの動きより、2回攻撃を防げるこいつのほうが有能な場面が目立ちました(パワーも高いしね)

2.フェイトスケルトン
アゴス・マー、豆柴コボルトの枠を使い攻撃力を上げるために投入。ア・ゴスマーよりは優先度は高いと思いますが、豆柴コボルトとどちらを入れるかといわれると、
それはもう好みの問題になってくると思います。ただしこいつはホイルがある。

3.危険な導火線
どっちにしてもばっくアド~~~とありますが、まさにこのデッキでは大きなアドバンテージカードとなることにオーサークラインツを抜くタイミングで気がつきました。
ただ、どう転ぶかわからないので、このカードを軸に戦闘プランを建てることはできません。引いたらとりあえず使って、使ってから考えるでよいと思います。

さて、長々と語ってきましたがいかがでしたでしょうか。ダンジョンのあらたな可能性、感じられましたでしょうか?
今回の記事をきっかけに、ガシガシサイズ3ダンジョンを使って、ガンガン自分好みの構築に変えていただければ幸いです。
それでは見なさん。よいバディライフを!

(カラス)

2015-06-18 19:10:02




 レッツ バーディ!から記事を探す :デッキ紹介 ダンジョンワールド W:k

レッツバーディ!記事検索
  この記事の一番上に戻る : Pagetop



レッツバーディ!!最新記事




他サイト様最新記事


      2015-06-18 21:30

とても丁寧な解説ありがとうございます。
より、読みやすくするためにも行間が欲しいですね…。

      2015-06-18 21:53

長文しっかり書いてなさってお疲れ様です。
攻防優れてとっても強そうですよね魔王ダンジョン。自分もはよ組みたいです。地味高いクロスボウ…(; ̄ェ ̄)
もう少し「。」を控えれば見易くなりそうですねそれなんて管理人

      2015-06-18 22:15

句読点は多くて読みにくくなることはありませんよ。もし、読みにくいと感じるなら、それは単に文が長いからです。
後、英語の誤字を見つけてしまいました
どうでも良いコメントばかりですみません!

      2015-06-19 02:16

バディって他のtcgと違ってカードやデッキの動かし方の解説が少ないから
初心者には非常に助かります

      2015-06-19 16:16

デッキの解説がとても丁寧でためになりました!
構成もその他TCGの攻略記事で読み慣れた構成で読みやすかったです!

      2015-06-21 08:18

魔王ガーグナーはいれないんですか?

導火線に頼る機会もなくなるんでいいとおもいますが・・・

(まぁゲージたまりすぎるのもありますが)

      2015-06-21 19:11

こんなに魔王いるんだからもうロッドいらなくね?

      2015-06-21 20:31

記事を読んでいただきありがとうございます。ライターのカラスです。
せっかくご質問頂いたので追記の代わりにコメント欄にてお答えします。

魔王ガーグナーの不採用について。
不採用の理由1 「防御面の脆弱さ」
魔王ガーグナーなのですが、打撃力4、攻撃力9000と攻撃面ではかなりの強さを誇っています。
しかしながら、防御力は6000しかなく、サイズ2のモンスターや多くの武器のたんどく攻撃で倒されてしまいます。
わかりやすい例をあげますと、相手プレイヤーが迅雷騎士団ハルバートドラゴン、迅雷騎士団ドラゴアーチャー、太陽拳サンシャインインパクトを装備していた場合、防御力7000なら連携攻撃を要求でき、自分への攻撃は1体しかされませんが、6000の場合、2回攻撃されてしまいます。
防御力6000と7000の間には、かなり大きな差があると考えて貰ってかまいません。
そのためライフリンクを多く抱えるこのデッキには、「ソウルガードを持っている」もしくは「防御力7000以上」のどちらかのサイズ3しか採用しておりません。
ガーグナー自身もライフリンクを持っていることを考えるとなかなか出すのはつらい場面が多いかと思われます。

不採用の理由2 「不安定なゲージ供給」
魔王ガーグナーの登場時能力はゲージを全てデッキを戻し、新たに3ゲージチャージするというものです。しかしながら、この能力はコールして初めて使えるものであります。(当然ですが)
そうなると、以下の3つのデメリットがでてきます。
デメリット1
ガーグナーをコールするのには2ゲージ必要であり、そもそもゲージが枯渇してしまった場合、げーを貯めることができない。
デメリット2
すでにサイズ3が場にいて、ゲージを増やしたいときに場のモンスターを圧殺し、ライフリンクを受けてコールしなければゲージが増えない。
デメリット3
ゲージを3ゲージにすることができますが、コールするのに2ゲージ必要なため、実質1ゲージしか増えていない、また、ゲージが3ゲージ以上あるときにコールせざるを得ない場合、弱い動きになってしまう。
という3つです。これらのデメリットを考えるとゲージ補充要員として考えるのならば、不安定差が目立ってしまうかなと思います。

危険な導火線はもちろん裏目になることも多く、思い通りにならない場面も多々あり、使いにくいと考える方も多いかと思います。
しかし、このサイズ3デッキは他のデッキとは異なり、センターに1体サイズ3をコールすればいいため、他のデッキよりも手札1枚を雑に使うことができます。
なので、引いたらすぐ打つような方法で危険な導火線を使っていただければ、今までと違った強さが見えてくるかなと思います。(もし単純にゲージが足りないと感じたなら、スマイルチャームでもいいかもしれません。)



ドミニオンロッドの採用について。
ドミニオンロッドは属性魔王のために採用している訳ではありません。
(もちろん、魔王と書いてある以上その属性はありがたく使わせて貰いますが。)
ドミニオンロッドの攻撃力と防御力を1000上昇させる効果に重きを置いております。
1.防御力面のメリット
メテオレインの場合、あまり恩恵を感じる場面は少ないかもしれませんが、他のカードたちは防御面で1000上がるとかなりの恩恵を受けます。
レッドアロガントは各ワールドのドラムバンカードラゴン(緊急ドラムは除く)を筆頭にした、サイズ2の効果持ちの5000ラインの単独攻撃を防げるようになります。
デウクルーザと、レラグモナークの場合、迅雷騎士団バスタードソードソードドラゴンをはじめとしたパワーラインが7000のサイズ3のモンスターの攻撃を受け止めることができるようになります。
2.攻撃面のメリット
こちらが影響するのは横におくサイズ0のモンスターたちです。
基本的にサイズ0のモンスターは攻撃力が低く、フェイトスケルトンを2体並べても6000しか出すことができず、インフェルノアーマー・ドラゴンをはじめとしたサイズ3の防御力7000のモンスターを倒すことができません。そうなると相手はラス・オブ・ドラゴンなどであなたのサイズ3のモンスターの攻撃を防ぎ、1枚のカードで悠々と自分のターンを迎えることでしょう。
しかし、もしドミニオンロッドがあったのならば、ブロンブゴーレムジャイシュと、フェイトスケルトンの組み合わせですら、2000+1000+3000+1000=7000となり、2回相手のサイズ3を脅かすことが可能になります。
もちろんこの攻撃力上昇はサイズ3相手だけでなく、フェイトスケルトン1体で迅雷騎士団ドラムバンカードラゴンを倒せるようになったりと様々な恩恵があります。

また、全然関係ありませんが、レッドアロガントがセンターにいて、ドミニオンロッドを装備していて、かつ相手のライフが2以下で手札がないく、確実に攻撃が通る場合、自分でレッドアロガントを破壊することで、ドミニオンロッドで相手にトドメをさすこともできますよ!(メテオレインではできないので注意してくださいね)

以上のことから、ドミニオンロッドの採用は魔王だからということではないとわかっていただけたかと思います。
しかしながら、その採用枚数に関してはかなり個人の好みに左右されることと思います。
私のいうことが100%正しい訳ではありません。人それぞれ好みに合ったプレイスタイルがあると思います。是非是非いろんなカードを試して、自分のデッキを作っていってくださいね!
(カラス)

コメントの投稿

交流スレ
最新情報チェック!
最新記事
人気ページ(7日)
最新コメント
カウンター
アクセスカウンター
総PVカウンター
アクセスランキング
人気ページ(30日)
カテゴリ
リンク
    HPリンク
  • 公式サイト
  • バディファイトWiki


  • レッツバーディ!連絡リンク
メールフォーム
公式のが調子悪いのでここに直接メール下さい
ariaru☆hotmail.co.jp(☆を@に)

レッツバーディ!では相互リンクを募集中!
バディファイトに関するブログなら誰でも
リンク2
フューチャーカード バディファイト
以外を主に扱うブログ様リンクです

デュエルマスターズ
  • デネブログ
  • FEサイファ
  • 絆速報
  • ラクエンロジック
  • らくろじ情報部!
  • TCG総合
  • 田園補完計画 第十七次中間報告書

  • レッツバーディ!では相互リンクを募集中!
    TCG関係のまとめをされている方は是非相互!
    アンテナ・ランキングサイト
    別記事に移動しました。
    こちら
    検索フォーム